韓国旅行「コネスト」 ソウルのイメージは「キムチ」、外国人観光客調査。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウルのイメージは「キムチ」、外国人観光客調査

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
外国人観光客が「ソウル」と聞いてイメージするものは「キムチ」だった。
 ソウル市議会の李ユン泳(イ・ユンヨン)議員がソウル市から入手した「ソウル観光競争力強化に向けた外国人マーケティング調査」の結果資料によると、ソウルを訪れた外国人が「ソウル」と聞いてイメージするものは「キムチ」が20.7%で最も多かった。次いで「親切」(7.6%)、「ショッピング」(3.1%)、「プルコギ」(2.8%)、「オリンピック」「ドラマ」(各2.5%)、「ソウルタワー」(2.0%)、「ワールドカップ」(1.7%)などが続いた。

 この調査はソウル市が世論調査機関のワールドサーチに依頼し、5月29日から6月10日まで、仁川空港から出国する外国人1115人(日本語圏200人、中国語圏500人、英語圏350人、その他65人)を対象に実施した。

 ソウルを訪問した動機は、ビジネス活動が26.9%で最も多く、「周りの人から観光を勧められて」が26.4%、「友人・知人を訪ねて」が15.2%、「韓流文化体験」が14.5%、「ショッピング」が9.3%、「展示会などイベント参加」が5.1%などとなった。

 主な訪問先(複数回答)では、日本語圏の観光客は明洞(68%)、南大門市場(65.5%)、東大門市場(52.0%)の順で多く、中華圏からの観光客は東大門市場(74.4%)、明洞(72.0%)、南大門市場(50.0%)の順となるなど、ショッピングスポットの人気が高かった。これに対し英語圏からの訪問者は、仁寺洞(56.6%)、南大門市場(47.4%)、古宮(44.0%)となり、伝統文化に対する関心が高いことが示された。

 ソウル訪問に対する満足度調査では、79.1%が満足したと答え、特に英語圏とその他地域からの観光客は「とても満足」との回答が51.4%と高い評価を得た。満足に思う部分は、出入国手続き、食べ物、親切さなどが挙げられた。これに対し、観光情報、観光費用、意志の疎通などでは相対的に不満の声が多かった。

 ソウルの観光競争力を、東京、上海、シンガポール、香港、バンコクなどアジアの主要7都市と比較する質問では、気候・天気と観光客の治安でソウルが1位となったが、観光内容と比べた費用は6位、意思の疎通、自然観光ではそれぞれ5位となり、競争力が低いと評価された。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年07月02日 09:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]