韓国旅行「コネスト」 「恐ろしくも素晴らしい本」…韓国の女性小説家、米国でも衝撃波。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Only You」クチコミ投稿で豪華プレゼントGET!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 「恐ろしくも素晴らしい本」…韓国の女性小説家、米国でも衝撃波

「恐ろしくも素晴らしい本」…韓国の女性小説家、米国でも衝撃波

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「恐ろしくも素晴らしい本(This book is both terrifying and terrific)」(ニューヨーク・タイムズ、ベストセラー『運命と怒り』著者のLauren Groff)

「衝撃のために手で口をふさいで読まなければならない本」(オプラ・マガジン)

どんな本に対する賛辞だろう。今週、米国で出版される韓国の女性小説家・漢江(ハン・ガン、46)の連作小説『菜食主義者(英語名The Vegetarian)』にあふれた米国内の文学専門家たちの称賛だ。インターネット書店アマゾンの本の紹介コーナーに上がってきている。推薦レビュー件数と評価の高さで申京淑(シン・ギョンスク)の『ママをお願い(Please Look After Mom)』を凌駕する印象だ。

その称賛隊列にニューヨーク・タイムズも加勢した。3日付のニューヨーク版に載った「超現実主義に根ざした暴力的で官能的な小説」という題名の長い記事で、小説の内容や米国評壇の反応を詳しく伝えた。筆者は2014年にウォールストリートジャーナルからニューヨーク・タイムズへ席を移した出版産業担当記者アレクサンドラ・アルター氏だ。

それに先立ち、漢江の小説は英国の経済専門紙フィナンシャルタイムズ(FT)でもやはり大きく扱われた。先月英国で出版された彼女の別の長編小説『少年が来る(英語名Human Acts)』についての詳細なレビューを載せた。

わずか数日前に米国の文芸週刊誌『ニューヨーカー』は「韓国人たちはもともと自国の小説は読まないのにノーベル文学賞受賞だけを期待している」と指摘したが、文学性の優れた作品は一方で着実に照明が当たっている様子だ。

ニューヨーク・タイムズは『菜食主義者』が「カルト的な」国際的ベストセラーになったと評した。作家自ら「極端で奇異だという読者の反応が多かった」というほどだが、20カ国近くに版権が売れたと紹介した。映画になって2010年に米国の最大のインディーズ映画祭であるサンダンス・フィルムフェスティバルに出品された事実も伝えた。

小説は、ある女性が肉食を拒否したあげくに木に変わるという幻想的な設定を通じて、肉食に象徴される人間の暴力性を告発した作品だ。

そんな小説がどのようにして米国の文学専門家たちをひきつけることができたのだろうか。

記事で米国の新鋭小説家エイミア・マクブライドは「驚くほど美しい散文と信じられないほど暴力的な内容の組み合わせが衝撃的」と評した。その2つの要素の間の緊張感が、例外的な効果を創り出して読者はすぐに作品にはまってしまい、完全に方向性を見失うことになるということだ。

文を書くテクニックも驚くべきもので人為的な跡(seam)を探すことも難しいとした。2つの作品の翻訳は、英国ロンドン大学(SOAS)で学んだ20代後半のデボラ・スミスが行った。

先月のFTの記事は『少年が来る』の内容紹介に集中した典型的なレビュー記事だ。2014年に国内出版された『少年が来る』は1980年の光州(クァンジュ)民主抗争を扱った作品だ。萎縮した国内文学市場で異例の5万部超も売れて現代史への関心を喚起した。

FTは『菜食主義者』の内容も共に紹介して2つの作品はいずれも外部の暴力によって信念が危機に処した人々を通じ、果たして人間になるということがどういうことなのかに対する暗鬱な省察を含んでいると評した。

問題は、米国と英国の一般読者が果たして漢江の小説をどのように受け入れるのかだ。

ニューヨーク・タイムズは日本の村上春樹、ノルウェーのカール・オーヴェ・クナウスゴールらの成功に後押しされて米国読者は外国の小説に対して拒否感が減っているといった。『菜食主義者』が市場でも成功するならば申京淑ら米国に先に紹介された幾人にもならない韓国作家群に属することになるとも展望した。

K-POPのような韓国の大衆文化は熱心に輸入しながら、躍動的で多様な韓国文学の紹介を疎かにしているのは残念だという米国文学界の声も共に伝えた。

小説家・韓勝源(ハン・スンウォン、77)の娘である漢江は1970年に光州で生まれた。詩で先に登壇し詩集も出した。80年光州事件を直接体験してはいないが、間接的に経験した暴力のおぞましさを詩的な文体で解きほぐすという作業を深く掘り下げてきた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年02月04日 14:47
コネスト関連記事
  • 韓国近代文学館
  • 名作・名優の韓国語名
  • 【NOW!ソウル】詩人・尹東柱ゆかりの地へ
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • きょう午後から旧正月帰省始まる 3645万人移動=韓国
  • 20~30代の約85%「旧正月でも韓服着ない」=韓国
  • 2016年上半期中に明洞全域、禁煙区域に
  • 仁川空港から密入国したベトナム人 大邱で緊急逮捕
  • 韓国映画産業の売上高 6年連続過去最高
  • 関連記事
  • 就職ために性上納した女子大生、大韓民国を告訴…映画『偽善者たち』
  • 芸能界の性上納を扱った韓国映画『ノリゲ』、来年2月に公開決定
  • 申京淑氏「盗作問題提起、正しいと思う」…不明瞭な謝罪に逆風=韓国(1)
  • PR
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    女優ソンミ夫死亡 推測記事自粛要請
    酒類の輸入 ビールがワイン抜き1位
    世界が認めた京義線ブックストリート
    デビュー2週目で音楽放送1位総なめ
    チェジュ航空11月仁川―松山線就航
    育休中の給与引き上げへ通常賃金8割
    東方神起が会見 兵役終え本格活動へ
    低所得層の雇用脅かすのはロボット?
    映画観客数 韓国映画がワンツー
    仁川空港の第2ターミナル工事大詰め
    週間アクセスランキング
    イ・ビョンホンの妻 近況公開
    17.08.16
    テヨン、海外の空港で転倒トラブ...
    17.08.18
    ヘリとリュ・ジュニョルが交際
    17.08.16
    チャンミンとシウォン 兵役終え...
    17.08.18
    日本訪問した韓国人44%増えた理...
    17.08.17
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]