韓国旅行「コネスト」 グローバル韓流、次はKトゥーンだ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

グローバル韓流、次はKトゥーンだ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「ウェブトゥーン担当者へ。この作品を最低週2回アップロードして下さい(Dear webtoon editors, please upload cheese in the trap at least twice a week)」

先月31日に「ラインウェブトゥーン」の英語版ホームページ(www.webtoons.com/en)に上げられた人気韓国ウェブコミック(Kトゥーン)「チーズ・イン・ザ・トラップ」最新話を見た海外ネットユーザーのコメントのひとつだ。この作品は週1回ずつ最新話が紹介される。3日間に2200人余りが「サムズアップ」のアイコンを押して呼応を表現した。

いわゆる韓流コンテンツはこれまで海外でKポップやKドラマが大部分だった。最近はKトゥーンが韓流コンテンツの新たな先鋒に浮上した。ウェブコミックを供給する企業がKトゥーン輸出に積極的に乗り出しているからだ。

ラインウェブトゥーンは韓国のポータルサイト「ネイバー」が2014年7月に海外の漫画マニアを狙って開いたグローバルウェブコミックプラットフォームだ。既存の「ネイバーウェブトゥーン」で連載中の人気作品を外国語に翻訳して掲載する。英語が91本、中国語が57本、タイ語が48本、インドネシア語が29本などだ。

ネイバーはまた、ラインウェブトゥーンとネイバーウェブトゥーンを通じ昨年までに24本の作品を2次著作物版権契約形態で輸出した。これらウェブコミックが今後海外で出版、映画、ドラマなどとして制作されるという意味だ。主要輸出地域は北米、欧州、日本、中国、東南アジアなどだ。

競合会社であるカカオも2014年1月に「ダウムウェブトゥーン」の『オオカミのように泣け』など5作品で初めて北米市場のドアを叩いた。その後プラットフォームを直接作ったネイバーとは違い、米国のハフィントンポスト、中国のQQドットコムなど現地で検証されたプラットフォームにコンテンツを供給することに集中した。昨年まで55本のダウムウェブトゥーン作品が海外に進出した。

ウェブコミック専門企業も海外市場のドアを活発に叩いている。有料ウェブコミックを供給するレジンエンターテインメントは昨年日本で「レジンコミックス」を試験運営した後有料化した。

レジンエンターテインメント関係者は、「試験運営した3カ月間に累積ページビューが500万件を超えた。Kトゥーンが漫画の本場の日本でも通じるという自信を得た」と説明した。これを基に最近米国にも進出した。

230万人の会員を保有するミスターブルーは昨年末に現地企業と中国進出に向けた協約(MOU)を結んだ。昨年新たに設立された韓国初のウェブドラマ専門制作会社ビッグフロッグもウェブコミックで海外進出を準備中だ。

海外に進出したKトゥーンの人気はジャンルを問わない。中国では『0.0mhz』や『奇奇怪怪』のようなホラー物が人気だ。似た文化的背景に独特の素材が加わり現地の読者が熱中したという。

米国ではファンタジー物のほかにも『青白い馬』のような純情物が人気だ。純情物が珍しい米国で差別性のあるジャンルとしてアプローチした。通常は輸出が難しいジャンルとされるコミック物も通じている。

韓国でもステディーセラーであるチョ・ソクのコミック物『心の声』は現在ラインウェブトゥーン累積アクセス数だけで50億件に達する。

専門家らはKトゥーンが形式と内容ともに輸出競争力を備えていると分析する。韓国映像大学漫画コンテンツ科のパク・ソクファン教授は「米国式カラー漫画と日本式ストーリー漫画の強みが結びついたのがKトゥーン。長編叙事にたけている上に色彩感が豊富だ」と話す。

パク教授は、「インターネットにさえつながればどこでも見ることができ、ページをめくらず上下にスクロールするだけで見られるという点もKトゥーンが持つ形式上の競争力」と付け加えた。『スパイダーマン』のようにヒーロー物一辺倒である西洋の漫画に比べ多様な素材を扱うのもKトゥーンの強みだ。

Kトゥーンを供給する企業の体系化された支援も大きな力だ。ネイバーはスクロールになじまない海外読者に合わせスマートフォン画面でタッチするだけで次の場面を見られるようにした。

カカオとレジンエンターテインメントも海外の読者がモバイル環境でKトゥーンを楽しめるようフォーマットを最適化した。翻訳にも力を入れる。専門書翻訳者らが2~3回校閲し自然に翻訳された作品を上げる。

ラインウェブトゥーン関係者は「過去に韓国のウェブコミックは一部出版社を中心に専門家集団の識見により輸出の可否が決定される消極的な市場だった。いまは企業がリアルタイムで世界の消費者の反応を確認してKトゥーンを輸出しており、(Kトゥーンが)一層成長性ある商品として大きくなっていくだろう」と期待を示した。

ただし課題もある。Kトゥーンが人気を呼ぶと正式サービス提供前に海外で海賊版があふれる事例が増加している。非専門家によっておかしな翻訳がされる場合が多く商品性を損なうことが懸念される。

政府が乗り出して海外著作権侵害からKトゥーンを保護しなければならないという声も多い。多くはないが盗作議論がKトゥーンの足を引っ張りかねない。作家もKトゥーンの高まった地位に合うよう作品素材を多様化する努力が必要だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年02月03日 09:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者672人
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]