韓国旅行「コネスト」 延命医療の中断、2018年から合法=韓国。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 延命医療の中断、2018年から合法=韓国

延命医療の中断、2018年から合法=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
臨終過程に入った患者の人工呼吸器を取り外しても処罰しない法律(別名、尊厳死法)が2018年に施行される。

国会は8日、法制司法委員会と本会議を相次いで開き、このような内容を盛り込んだ「ホスピス・緩和医療及び臨終過程にある患者の延命医療決定に関する法律案」を通過させた。本会議では在籍議員203人のうち202人が賛成(1人は棄権)した。この法が通過したのは、1997年に末期患者の退院を許容したソウルボラメ病院の医師が殺人幇助罪で処罰を受けて延命医療論争が始まって以来19年ぶり。

この法案は昨年12月30日の国会法制司法委員会で「韓医師も延命医療中断決定に参加するべきだ」という主張が提起されて保留された。しかしこの日に通過した法案には韓医師の参加が反映されなかった。

延命医療は心肺蘇生術、血液透析、抗がん剤投与、人工呼吸器着用を意味する。回復の可能性がなく治療をしても回復しない患者に限り、こうした4種類の行為を開始しなかったり中断したりすることができる。そうする場合でも家族と医師は処罰を受けない。施行時期は公布2年後の2018年1月に確定した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年01月09日 13:48
コネスト関連記事
  • 国会議事堂
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • ソウル・日本大使館の建て替え工事中断 敷地から遺物発見
  • 厳しい寒さ控えて釜山で寒中水泳大会=韓国
  • 寒波で結氷
  • 「韓国の伝統山寺」 世界文化遺産候補に選定
  • フィリピン検察総長など幹部15人…韓国で2週間の捜査教育
  • 関連記事
  • 【社説】品位ある“生の終わり”、行く道は遠い
  • 「患者の遺言なしに延命治療中断が可能」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを公表
    韓国成人の年間コーヒー消費413杯
    SE7ENミュージカル俳優デビュー
    韓国人の半数以上、収入67%を支出
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    韓国産パプリカ 日本へ年1千トン
    韓国小説家の銅像 ロシアに設置
    朴前大統領、職業の問いに「無職」
    TWICE1年7ヶ月でミリオン達成
    U-20W杯、コリアンメッシが活躍
    週間アクセスランキング
    イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
    17.05.19
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    ソン・ジュンギ、億戸建てを購入
    17.05.18
    AOAソリョン完全無欠の名品脚線美
    17.05.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]