韓国旅行「コネスト」 ソウルの代わりに東京…ロッテ、銀座に免税店。韓国の経済ニュース
KONEST

ソウルの代わりに東京…ロッテ、銀座に免税店

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル市中免税店脱落の苦杯をなめたロッテ免税店が日本・東京1号市中免税店の特許を取得した。

ロッテ免税店は今月6日、日本・東京の税関で免税店特許を取得したと7日に明らかにした。日本政府はこれまで利用需要が多くないという理由で東京都内免税店を作っていなかったが最近1~2年間で中国人観光客が急増したため、今回東京地域に市中免税店特許を出した。ロッテ免税店の張善郁(チャン・ソンウク)代表(58)は「今まで免税店を成功的に運営し、多くの外国観光客を誘致した経験が今回の東京1号店特許取得につながったようだ」と話した。

ロッテ免税店は昨年7月に現地法人(「ロッテ・デューティーフリージャパン」)を設立し、免税店進出を準備してきた。東京銀座店は4396平方メートル(約1330坪)規模で今年3月末にオープンする予定だ。

ロッテ免税店は現在スイスのデュフリー、米国のDFSに続き世界免税店3位を記録中だ。しかし昨年11月に年間売り上げ6000億ウォン(約589億円)の蚕室(チャムシル)ワールドタワー店が関税庁の再承認を受けることができず、海外事業を強化する必要性がより一層高まった。現在のロッテ海外免税店はインドネシア・ジャカルタ空港店(2012年)と市中店(2013年)、グアム空港店(2013年)、日本・関西空港店(2014年)の4カ所だ。

ロッテ免税店は今回の特許取得をステップに日本はもちろん海外免税店進出を加速化する方針だ。まず日本で2017年に東京と大阪に新規免税店をオープンし、2020年以降も免税店3カ所を追加でオープンする計画だ。今年前半にタイ・バンコク市内店も開店する。張代表は「海外免税店が多ければ多いほど韓国の商品を知らせるのに有利」とし、「積極的な海外進出戦略を通じて韓国免税店のグローバル化を導く」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年01月08日 08:52
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]