韓国旅行「コネスト」 <大リーグ>30メートル投球の柳賢振「肩に違和感ない」。韓国のスポーツニュース
KONEST

<大リーグ>30メートル投球の柳賢振「肩に違和感ない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
肩の手術を受けてリハビリ中のLAドジャースの柳賢振(リュ・ヒョンジン、28)が2016シーズンでの復活を誓った。

柳賢振は最近、ソーシャルネットワークサービス(SNS)に練習の写真を時々載せている。17日(日本時間)には米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで30メートルのロングトスをする場面を公開した。ロングトスはブルペン投球のための最後の段階だ。

柳賢振はその間、リハビリの一環としてウェートトレーニングをする動画を時々載せていた。10月初めから投球を始めたが、自らその姿を公開したのは今回が初めて。柳賢振は「2016年」という言葉とともに「またボールを投げることができて気分がいい」とコメントした。

柳賢振は今年5月に左肩関節鏡の手術を受けた後、来季の復帰のためにリハビリに取り組んできた。しかし柳賢振が完ぺきな体に戻るかどうかは不透明な状況だ。LAタイムズのスティーブ・ディルベック記者は15日のコラムで「柳賢振が来年復帰する可能性があるが、確信することはできない」と伝えた。柳賢振の肩の手術を執刀したドジャース主治医ニール・エラトラチェ博士が明らかにした研究結果によると、柳賢振が正常なコンディションに復帰する確率は80%程度だ。エラトラチェ博士は「最近5年間の研究の結果、肩関節鏡と回転筋が損傷すれば57%が正常に復帰し、関節鏡だけの損傷なら80%が正常に復帰した」と主張した。

しかし柳賢振はそれほど心配していないようだ。柳賢振は19日、メジャーリーグ公式ホームページのインタビューで「私がスプリングキャンプに戻れない理由はない」とし「リハビリプログラムを順に履行している。以前よりさらに強くなった感じだ。肩に違和感は全く感じない」と話した。また「個人的な目標は開幕戦で先発ローテーション入りし、シーズンを完走すること」と強調した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年12月22日 14:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]