韓国旅行「コネスト」 【コラム】韓国のTPP加入、まだ時間はある。韓国の経済ニュース
KONEST

【コラム】韓国のTPP加入、まだ時間はある

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の環太平洋経済連携協定(TPP)加入に対する議論は相変わらずだ。結論は「TPPに加入することが望ましいが失期ではない」というものだ。

もちろん米国が主導する世界貿易の標準と流れに足並みをそろえる必要はあるが、時期を逃したと政府をむやみに非難するのは自制しなければならない。

その理由は、韓国の場合すでにTPP12カ国の加盟国のうち、日本とメキシコ、ニュージーランドを除きすべて自由貿易協定(FTA)を締結したためだ。メキシコとの貿易規模は輸出入を合わせ120億ドルとわずかで、ニュージーランドとのFTAは20日に発効される。

したがって事実上TPP締結により影響を受ける国は日本しかない。日本は現在多くの工業製品に関税を賦課しない。これに対し韓国は平均関税率12.1%で日本製品に対し関税をかけている。韓国がTPPに加入すれば日本との貿易収支はさらに赤字が拡大する可能性がある。突き詰めればTPPは日米FTAの性格が強い。

それでも手をこまねいていろという話ではない。TPPは世界的な経済大国の米国と日本が参加するだけに、これらが主導する「グローバルバリューチェーン」に参加する必要がある。TPP加盟12カ国の国内総生産(GDP)総額は28兆ドルで世界経済の39%を占める。この域内供給体系に入ることができなければグローバル市場で日本との競争で押されかねない。TPP不参加により貿易のウェイトが過度に中国に傾くことになり中国に対する依存度が過度に高まるのも懸念される部分だ。

TPPは参加国の国内批准過程まで2年ほどかかるとみられまだ時間はある。TPP参加にともなう経済的実益のほかに国際情勢変化のような政務的要因まで十分に考慮すれば遅くなってもTPPに参加することが正しい方向だと考える。

キム・デジョン世宗(セジョン)大学経営学科教授
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年12月15日 08:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]