韓国旅行「コネスト」 <野球>呉昇桓、最悪を免れる?…検察が略式起訴検討。韓国のスポーツニュース
KONEST

<野球>呉昇桓、最悪を免れる?…検察が略式起訴検討

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
検察は海外賭博容疑で捜査を受けた呉昇桓(オ・スンファン、33)に対し、略式起訴(罰金刑)を慎重に検討中だ。呉昇桓は検察の取り調べで「賭博金額は1000万ウォン(約100万円)未満」と述べたことが分かった。

中央日報は11日、「検察が呉昇桓と元暴力団員の賭博業者とは事前に接触がなかったという結論を出した」と報じた。

ソウル中央地検によると、呉昇桓は9日に5時間ほど行われた調査で、「2014年シーズンを終えて帰国した後、事業家Aに会った。Aが休養に行こうといって11月にマカオに行くことになった」と述べた。

これに先立ち検察はマカオのカジノVIPルームを運営する元暴力団員L(39、拘束・起訴)から「呉昇桓が億ウォン台の賭博をした」という供述を受けた。Lは「2億ウォン台のカジノチップを現地で呉昇桓に貸した」と明らかにした。

しかし呉昇桓は「賭博金額は1000万ウォン未満」とし、Lの存在は全く知らなかったと主張したという。中央日報は「検察の捜査でも呉昇桓とLが事前に接触した証拠は見つからなかった」と伝えた。一部で提起された暴力団員との関係はないということだ。

呉昇桓は「マカオのカジノに行ったのは事実だが、単に観光レベルだったし、常習賭博をしたのではない」と主張した。検察は、呉昇桓が賭博を目的にマカオに行っていない可能性がある点、深く反省している点などを考慮し、処罰の程度を検討している。

呉昇桓は現在、米メジャー行きに挑戦している。呉昇桓の代理人は現在、米ナッシュビルで開かれているウィンターミーティングに参加し、呉昇桓の米国進出を推進している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年12月11日 09:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
韓国の新規コロナ感染者525人
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
週間アクセスランキング
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]