韓国旅行「コネスト」 第2回“ザ・ミュージカルアワード”の栄冠に輝いたのは…。韓国の芸能ニュース
KONEST

第2回“ザ・ミュージカルアワード”の栄冠に輝いたのは…

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
主演男優賞チョ・スンウ、主演女優賞オク・ジュヒョン

祭典は熱く盛り上がった。28日午後、国立劇場は韓国ミュージカルの成長をひと目で見せてくれるステージとなった。単調な授賞式のフレームを破った一編のミュージカルショーに、観客もひとつになった。

第2回ザ・ミュージカルアワード(主催中央日報JMnet、韓国ミュージカル協会、国立劇場)は、候補発表から当代最高ミュージカルスターたちの熾烈な競合が予想されていたが、男女主演賞はチョ・スンウ(ラ・マンチャの男)とオク・ジュヒョン(シカゴ)に輝いた。

この日、最高の話題作は『ラ・マンチャの男』。最優秀再公演賞を筆頭に演出賞、主演男優賞など主要部門5部門で受賞し、最多受賞作となった。『スウィーニートッド』『ビューティフルゲーム』『ノートルダム・ド・パリ』など国外ライセンスミュージカルであるこれらの作品も善戦した。

創作ミュージカルは3部門受賞にとどまった。これは現在、韓国ミュージカル市場の不均衡性と一脈通じる。『大長今』『ダンシング・シャドー』『解語花』など最大60億ウォン(約6億2千万円)が投入されたブロックバスター級創作ミュージカルが、興行においてそれぞれ惨敗だった。

しかし韓国ミュージカルは映画に代案を見出した。いわゆる“ムービカル”だ。『シングルス』『ラジオスター』など、韓国映画を原作にした創作ミュージカルが突破口となった。

キム・ユンチョル審査委員会委員長は「たとえ100%純粋創作ではなくとも、現在の製作力で到達することができる最高水準であると同時に代案」だとして2つの作品を評価した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年04月29日 05:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者564人
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]