韓国旅行「コネスト」 俳優イ・ミンホ側、写真集詐欺に「イメージに傷がつくようであれば法的対応」。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優イ・ミンホ側、写真集詐欺に「イメージに傷がつくようであれば法的対応」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優イ・ミンホの写真集をめぐり写真製作代理店代表と投資家の金銭的問題が大きくなる中で、イ・ミンホの所属事務所が立場を明らかにした。

9日、イ・ミンホの所属事務所は韓国メディア「Newsen」の電話取材に対し、「現所属事務所と直接的な関連はない」と一線を引いた。

所属事務所関係者は「現所属事務所とは関連がない。しかし、『企画事務所の代表』と報じられていることに対して現所属事務所代表と誤解される場合があるようだがこれは事実でない。とにかく、アーティスト(イ・ミンホ)の名前が継続して取り上げられているので状況を見守っている」と話した。

引き続き「もし問題が生じた場合には対応する考えだが、現在としてはいかなることも決めてはいない」とし「事件の円満解決のために協力が必要な部分には応じる」と付け加えた。

一方、8日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)警察署によると、イ・ミンホの写真集製作に関連し、投資金を横領した容疑で某企画事務所の代表であり有名タレントの夫Aを摘発した。

Aは2013年12月、イ・ミンホの所属事務所スターハウスエンターテインメント代表と4億5000万ウォン(約4800万円)で写真集を製作・出版できる版権契約を結んだ後、知人の事業家Bに投資を持ちかけたという。結局、AはBから昨年1月に6億ウォンの投資を受けたが、写真集の収益はもちろん、元金も返済しなかった疑いがもたれている。

このようにしてイ・ミンホの写真集『ALL MY LIFE』が昨年4月に出版され、10億ウォンに達するセールスをあげたことが伝えられた。だが、Aは契約後1年が過ぎたにも関わらず、収益と元金を返還せず、その収入についても言及しなかったためBから告訴された。

Aは現在「実際の売上額は6億ウォン程度だ」「損益分岐点を超えないので渡す金はない」として容疑を否認している。だが、警察はAに返済能力がなく詐欺の疑いが認められると判断し、Aを不拘束起訴意見として検察に送検した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年11月10日 09:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
韓国の新規コロナ感染者511人
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]