韓国旅行「コネスト」 韓国の労働時間、OECDで2位…ドイツの1.6倍。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国の労働時間、OECDで2位…ドイツの1.6倍

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で2番目に年間労働時間が長いことが分かった。

OECDが2日発表した「1人あたり平均年間実労働時間」統計によれば、2014年の韓国の賃金労働者と自営業者ら全体就業者(時間制含む)の1人平均の労働時間は2124時間で、34の加盟国中でメキシコ(2228時間)の次に長かった。

加盟国平均(1770時間)よりも年間で354時間、週あたり平均6.8時間長く仕事をしていることになる。韓国は2007年まではOECD加盟国の中で1人あたりの平均労働時間が最も長かったが、2008年にメキシコに最長労働時間国の席を譲り渡した。

平均労働時間が最も短い国はドイツで、年間1371時間だけ働くと集計された。韓国の人々がドイツの人よりも年間1.6倍働いていることになる。韓国の1人あたり年間労働時間は2013年よりも45時間延びた。

労働時間が1500時間未満の国はドイツをはじめオランダ(1425時間)・ノルウェー(1427時間)・デンマーク(1436時間)・フランス(1千473時間)など5カ国だった。日本(1729時間)・米国(1789時間)・イタリア(1734時間)などはOECD平均水準だった。

◆1人あたり年間平均労働時間の長い国順位

1.メキシコ2228時間

2.大韓民国2124時間

3.ギリシャ2042時間

4.チリ1990時間

5.ポーランド1923時間

6.ハンガリー1858時間

7.ポルトガル1857時間

8.イスラエル1853時間

9.アイルランド1821時間

10.米国1789時間

※資料:OECD
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年11月03日 13:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]