韓国旅行「コネスト」 国情院に障害者生産品1号店。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 国情院に障害者生産品1号店

国情院に障害者生産品1号店

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
障害者が作った菓子やシャンプーを販売する常設店がソウル内谷洞(ネゴクドン)国家情報院(国情院)庁舎内にオープンした。 国家機関内にオープンした第1号障害者生産品専用販売店だ。

ソウル市立障害者生産品販売施設は17日、「国情院職員からなるボランティア団体の主導で、3日、庁舎内の福祉館に1号店を開設した」と明らかにした。 96年に政府予算で全国16市・道に設立された障害者生産品販売施設以外に常設売り場が誕生したのも初めて。

国情院側は福祉館内の16.5平方メートルの売り場をソウル市立販売施設側に無料で提供した。障害者が国産小麦で作ったクッキー、環境親和的材料で作った天然シャンプーおよび台所用洗剤、国産豆で作った醤油、茶、木工芸品、アクセサリーなど商品は50種類を超える。 施設側が職員チョン・ヒジュさん(27)を派遣して店を管理する。

障害者が経済的な自立を目指して物を生産する職業訓練施設は350カ所余。 身体・精神遅滞障害等級が2・3級の重症障害者9200人余がここで働いている。

しかし障害者生産品というレッテルのため、大型割引マートを含む一般売り場はこれらの商品を避けている。 「政府の調達や行事・インターネット販売が販路のすべて」というのが施設側の説明だ。
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年04月19日 10:45
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • ソウル家裁「習慣的暴言も離婚理由」
  • 【写真】まぶしい緑…新茶の季節
  • 韓医学など韓国伝統技術の盗用を防ぐ
  • ノースカロライナ州立大“海外キャンパス” 松島に設立へ
  • 子供の遊び場への監視カメラ設置を義務化へ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    朴前大統領弾劾後35億ウォン使用か
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    不法滞在の外国人4カ月連続増
    朴槿恵氏公判の傍聴券を求め
    拡張現実技術をがん手術に応用
    「上官が性的暴行」女性大尉が自殺
    DIAジュウン日本風の前髪が話題
    ウェブトゥーン・ロマコメ国境越える
    文大統領、異見を出すのは義務
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]