韓国旅行「コネスト」 憲法裁「在外国民・国外居住者に選挙権与えるべき」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

憲法裁「在外国民・国外居住者に選挙権与えるべき」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
憲法裁判所は28日、在外国民と国外居住者に選挙権を与えない公職選挙法と住民投票法に対し憲法不合致決定を下した。 パク氏ら米国・カナダ・日本永住権者らが起こした憲法訴願事件でだ。 在外国民の選挙権を制限するのは合憲という99年の判例を8年ぶりに変更した。

しかし憲法裁は法律改正にともなう混乱を憂慮し、08年12月31日までに関連条項を改めるよう要求した。 立法過程の時間的問題を勘案すると、今年末の大統領選は現行法に基づいて行われる見通しだ。

憲法裁は決定文で「大統領および国会議員選挙権、地方選挙参加権、国民投票権を行使することができる要件として(国内に)住民登録が行われていることを規定した公職選挙法は、在外国民と国外居住者の基本権を侵害するものだ」と明らかにした。 続いて「一定の年齢になれば、すべての国民に選挙権を付与する普通選挙の原則にも背く」と強調した。

金鍾大(キム・ジョンデ)裁判官は「基本権の制限は国家安全保障など不可避な場合にのみ正当化できる」と明らかにした。 しかしその場合にも選挙権の本質的な内容は侵害できないというのが金裁判官の説明だ。

外交通商部によると、05年1月現在、在外国民と海外滞留者は280万人余。 このうち選挙権がある19歳以上は210万人余と推定される。

金承鉉(キム・スンヒョン)記者

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年06月28日 18:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]