韓国旅行「コネスト」 皇帝服を着た高宗…110年前の写真発掘=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

皇帝服を着た高宗…110年前の写真発掘=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
韓国の写真家が撮った大韓帝国の高宗(コジョン)皇帝の写真の中で、最も早い時期の全身の肖像が見つかった。国外所在文化財財団(アン・フィジュン理事長)は韓国の近代書画家であり写真家であるキム・キュジン(1868~1933)が1905年、慶運宮〔キョンウングン、現徳寿宮(トクスグン)〕で撮影した皇帝服飾姿の高宗皇帝の写真1点を米国のニューアーク博物館で発見したと5日発表した。

現在伝わっている高宗の肖像写真は、ほとんどが日本人や西洋人が手がけたものであるのに比べ、この写真の一角には光武9年(1905)慶運宮で撮影した大韓帝国皇帝の肖像でありキム・キュジンが撮ったことが印刷されていて史跡価値が高い。白黒写真だが高宗が着ていた皇帝の服飾であるファンリョンンポは黄色で翼善冠(イクサングァン)は紫色で部分的に彩られたオリジナルプリントなので貴重な資料だ。

高宗が写真を撮った重明殿(チュンミョンジョン)は、日本が大韓帝国の外交権を奪った乙巳勒約(第二次日韓協約)が締結された場所で、数カ月前に撮影されたものとみられる。この写真は1905年9月、当時の米国大統領セオドア・ルーズベルトの外交使節の一員としてアジア各国を歴訪したエドワード・ハリモンに皇室が贈ったもので、日本の韓国併合の意図から抜け出そうとする高宗の苦心ぶりを見せる証拠でもある。今回の調査に参加したソウル大学のチャン・ジンソン考古美術史学科教授は「単純な皇帝の肖像という意味を超え、激動した韓国近代史の様相を伝える歴史的な価値も持っている」と評価した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年10月06日 08:36
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
月刊尹鍾信に竹内美宥の日本語曲収録
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
ロゼ 12日に初ソロシングル発売
グラミー賞候補BTS 授賞式で公演
大統領選の支持率で前検事総長が1位
政党支持率 最大野党が与党上回る
韓国の新規コロナ感染者346人
コロナ 1日の検査件数50万件に
ワクチン接種 開始9日で30人万超
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]