韓国旅行「コネスト」 サムスン、作動中に洗濯物を入れることができる洗濯機を発売。韓国の経済ニュース
KONEST

サムスン、作動中に洗濯物を入れることができる洗濯機を発売

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
サムスン電子が今秋、新婚生活の家電市場を狙った新製品「バブルショット・エイドウォッシュ」を1日、発売する。世界で初めてドラム式洗濯機の扉の上に別の扉をつけたアイデア型製品だ。エイド(add、追加)という名前の通り、洗濯物を洗濯中にいつでも入れられるようにした。

サムスン電子生活家電事業部のイ・ホンリョル開発チーム首席研究員(50)は「ドラム式洗濯機に対する消費者の最も大きい不満が『洗濯物を途中で追加できない』という点。ここに着眼して2013年6月付で開発に入った」と説明した。

「エイドウォッシュ」の初期プロジェクト名は「カンガルーポケット」。洗濯物を洗濯中いつでも入れられるように扉の上に扉をつくったものを形象化した。だが、いざ開発を始めるとその道は険しいものだった。扉の位置や開け閉めする角度をはじめ、安全問題まで、とにかく勘案しなければならないことが多かった。洗濯投入口は子供たちがドアを開けて頭を入れられないようにサイズを小さくした。事故防止のためにドアを閉める機能を強化してジーンズ1本が入れられる大きさにした。高さは洗濯槽に入ってくる水の最高水位より上のラインで、洗濯物が落ちる角度は113度に設計した。1カ月に使用する量の洗剤を入れておくと自動で洗濯物の重さを計算して洗剤を投入をし、しつこい汚れを感知すると自動で「追加洗濯」をするオートウォッシュ機能も追加した。45分で洗濯が可能な今回の製品は17キロ容量から19キロ、21キロで、出荷価格基準169万9000(約17万5200円)~249万9000ウォンだ。エイドウォッシュはサムスン電子が洗濯機開発戦略を変えてからつくられた2番目の作品だ。

サムスン電子が洗濯機事業に参入したのは1974年。洗濯をする洗濯槽と洗濯物を脱水する脱水槽を分離した「ウナス洗濯機」が1号製品だった。家電メーカーの長年のライバルであるLG電子と技術競争を繰り広げたサムスン電子は、2013年に製品開発戦略を「消費者集中型」に変えた。消費者の不便をなくす生活密着型アイデア製品で勝負するということだ。

その最初の成果が今年初めに公開したアクティブウォッシュだった。既存の全自動洗濯機の上に予洗が可能な洗濯版を追加した。75万台が売れたアクティブウォッシュの成功に力を得て出した製品が今回のエイドウォッシュだ。サムスン電子生活家電事業部のパク・ビョンデ副社長は「今まで当然視してきた消費者の不便と苦労を解消するために悩みの末に誕生した製品」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年09月01日 15:17
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]