韓国旅行「コネスト」 離散家族8割超が70代以上 再会行事の拡大必須=韓国。韓国の政治ニュース
KONEST

離散家族8割超が70代以上 再会行事の拡大必須=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族が高齢化している。残された時間が少なくなっていることから、韓国内では離散家族再会行事を大幅に拡大すべきだとの指摘が出ている。

 民間シンクタンク、現代経済研究院のホン・スンジク首席研究委員が1日発表した報告書によると、現在登録されている離散家族の生存者6万6292人のうち70代以上は81.6%(5万4123人)に達する。

 80歳以上の離散家族生存者は2004年の22.7%から54.3%(3万5997人)と大幅に増えた。

 13年基準の韓国人の平均寿命は81.9歳だ。

 半数以上の離散家族にとって、生き別れた家族に会える時間は残りわずかということになる。

 1998年から今年7月までの再会行事参加申請者数は計12万9698人だ。このうち48.9%に当たる6万3406人は既に死亡した。

 ホン研究委員は、今年以降は申請者の生存率が50%を切ると予想した。

 04~14年には毎年約3800人が死亡しているが、再会を果たした人は1420人にすぎない。年間2380人が再会できずに亡くなっている計算になる。

 特に、08~14年には離散家族の再会率が1.7ポイントしか増加していない。

 しかし、死亡率は21.0ポイント増加しているため、死亡率と再会率の差は広がる傾向にある。

 13年の平均寿命を基準に、50~60代の平均余命が約24.9年、70~80代は約9.9年であることを踏まえると、現在生存している離散家族(6万6292人)が少なくとも1回、北朝鮮にいる家族に会うためには、毎年少なくとも6000人が再会しなければならない。

 70歳以上の高齢者は今後10年間で毎年5500人以上が再会しなければならない。

 だが、昨年の再会規模である813人で計算すると、年平均約3000人の離散家族が再会できないまま亡くなることになる。

 ホン研究委員は50~70代の離散家族は定期的な再会行事を行い、80代以上の高齢者には別途、大規模な特別再会行事を推進する必要があると指摘した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2015年09月01日 11:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]