韓国旅行「コネスト」 今では韓国が第二の故郷、佐藤行衛さんインタビュー-2。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

今では韓国が第二の故郷、佐藤行衛さんインタビュー-2

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
そして、佐藤さんは本場の韓国で演奏したいと思うようになった。

有名なDJ金光漢さん(キム・グァンハン)との縁から小規模なステージに出演できるように取り計らってもらったのはいいものの、演奏の当日に当局から「事前の許可を得ていない外国人のコンサートはだめだ」との通報が入った。

「それで記念写真だけ撮って終わりにしようと思ったら、リハーサルを見たライブハウスのオーナーが“君たちいいね”と言ってそのまま演奏することになりました」

その後、ソウルにしばしば演奏旅行に訪れ、99年には韓国で「コプチャンジョンゴル」の名でデビューアルバムも出した。インディーズバンドのメッカだった弘大前の一帯を主な活躍の舞台とし「ファン・シンエバンド」「オオブプロジェクト」などインディーズミュージック界の人々とともに、人気を集めていった。これまで集めてきた韓国音楽のアルバムが1万枚に達し、『俺は韓国の歌が好きだ』という本まで出した。韓国ロック界の大御所、申重鉉さんとキム・チャンワンさんに会うなど願いもかなった。

そして2000年からはアバンギャルド音楽の虜になり、2003年に「プルガサリ」(ヒトデ)という実験音楽バンドを結成した。このバンドはギターを噛みちぎり、スプーンでギターを弾く「なんでもありの自由な音楽」を体現するバンドだ。

「バンド名を“不思議(プルガサウィ)”にしたかったんですが僕の発音があまりよくないので「プルガサリ」(ヒトデ)になりました」

日本のミュージシャンを呼んでライブも行った。11日、麻浦(マポ)の合井(ハプチョン)駅近くにある「ヨギガギャラリー」で行うステージもその中のひとつだ。これまで何年もの間、毎月最終日曜日に一般の人々を相手にした定期公演も行ってきた。

こんな佐藤さんにとって2008年は意味の深い一年だ。「佐藤行衛」という自分の名前をつけた初めてソロアルバムを6月に発売するからだ。アルバムには彼が作詞、作曲した韓国語のフォーク・ロック音楽を中心にレコーディングする。

「99年“コプチャンチョンゴル”のデビューアルバムには日本人の名前を入れることができなかった。そのときと比べると本当に何もかも変わりました。今回のアルバムの中にある『故郷』という歌がいちばん好きです。2006年、日本にいたときに韓国が恋しくて、そのとき「自分にとって故郷とは何か」を考えながら作った曲です」

今では韓国人女性と結婚し幸せに暮らしているという。

「今年は僕が力強く再出発をする年です。第2の故郷の韓国でさらにがんばります。‘コプチャンチョンゴル’‘プルガサリ’みんながんばるぞ」
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年04月10日 13:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]