韓国旅行「コネスト」 今では韓国が第二の故郷、佐藤行衛さんインタビュー-1。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

今では韓国が第二の故郷、佐藤行衛さんインタビュー-1

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル弘益(ホンイク)大近くのスタジオ兼ギャラリー。

ロックバンド「コプチャンチョンゴル」(韓国風モツ鍋の意)日本人リーダーの佐藤行衛さん(45、写真)をはじめとするインディーズミュージックの著名人が夕方から小さなパーティーを開いていた。

中華料理店から出前をとったヤンジャンピ(中華風春雨サラダ)を食べていた佐藤さんがくせのある長い髪を揺らし「あ、このヨジャ(韓国語で女性の意)すごい!」と叫んだ。少しの間、沈黙が流れ誰かが「‘ヨジャ’じゃなくて、‘ギョジャ(からしの意)’」だと発音を指摘すると、スタジオは一気に笑いに包まれた。韓国に住み始めてから10年近くなるが相変わらず韓国語の発音に慣れていない佐藤さんのせいで起きたハプニングだ。

発音は少しぎこちないが佐藤さんは韓国フォークロックはもちろんアバンギャルド(前衛)音楽までこなす弘大前インディーズ音楽界の大物だ。今はもう韓国式チャンポンの真っ赤なスープを飲み干せるほど韓国化したが、1995年韓国に来た当時は韓国についてほとんど知らない「普通」の日本人だった。高校時代からフォーク、ロック音楽の虜になっていた佐藤さんは地元の東京で音楽活動に取り組むつもりだったが、95年観光のためにソウルを訪れてからは人生の航路を180度変えてしまった。

「韓国の音楽を知ろうと、がむしゃらに大きなレコード店に行き“コリアンフォークロック、プリーズ”と言っていました。それで薦められたのが申重鉉(シン・ジュンヒョン)さんと韓国で一時代を築きあげたロックグループのサンオルリムやトゥルクッファでした」

日本に戻ってから音楽を聞いてみて「うわあ」と叫んだ。

「それは本当に一つの‘発見’でした。こういう音楽は必ず研究しなければならないという気がしました。特に申重鉉の“美人”は本当に凄かった…!」

歌詞はおろか題名さえ分からないのが悔しくて独学で韓国語を学び始め、結局日本人だけの韓国音楽バンド「コプチャンチョンゴル」を結成した。

「僕が好きな韓国料理の中で日本で知られていないものをバンド名にしようと悩んでいたら‘コプチャンチョンゴル’を思いつきました。はは(笑)」
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年04月10日 13:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者614人
12日から施設内マスク常時着用義務
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
LINE ジスとキャラクター開発
5人以上の集まり禁止3週間延長
BTS MV再生9億回超4作目
ソウル市 月2で肉無し学校給食
韓国サッカー FIFA順位下がる
AZ製ワクチン 接種見合わせ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
「重版出来!」韓国版ヒロイン決まる
21.04.05
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]