韓国旅行「コネスト」 韓国の穀物自給率、OECD諸国で最低レベル。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国の穀物自給率、OECD諸国で最低レベル

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の穀物自給率が経済協力開発機構(OECD)加盟国のなかで最下位グループに低迷していることが分かった。韓国農村経済研究院が6日、OECD加盟国の穀物自給率を比較した内容などをまとめた報告書「OECD加盟諸国の穀物自給率」を発表した。

それによると、韓国の穀物自給率は25.3%。資料を確保できなかったルクセンブルクを除いたOECD加盟国・29カ国のうち26位だ。穀物価格の高騰を受けて「食危機」が懸念されているなか、韓国も食糧備蓄を増やすなど対策作りが急がれている。自給率が韓国を下回る国は、北極圏の島国で穀物供給の100%を輸入に頼っているアイスランドとオランダ(21.25)、日本(22.4%)だけ。

この3国と韓国・ポルトガル(27.75)を除いた24カ国は、自給率が低い場合でも50%台を維持している。穀物自給率が最も高い国はフランス(329%)。その次はチェコ(198.6%)、ハンガリー(153.7%)、ドイツ(147.8%)、スロバキア(140.6%)の順だ。英国は125.3%で8位、米国は125%で9位だった。

農村経済研究院によると、今回の調査は03年の生産・消費量をベースにしたものだが、相次いだ水不足で収穫が急減した豪州を除いては、国別の自給率が大きく変わることはほぼない。同院・キム・テゴン研究委員は「穀物市場が少数の輸出国と多数の輸入国へと二極化している」とし「価格変動の衝撃を減らすため、主要穀物を備蓄する制度を拡大しなければならない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年04月07日 15:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]