韓国旅行「コネスト」 サムスン電子会長の兄・李孟熙氏葬儀 財界要人が続々弔問 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

サムスン電子会長の兄・李孟熙氏葬儀 財界要人が続々弔問

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長の長兄で14日にがんで他界した故李孟熙(イ・メンヒ)元第一肥料会長(享年84)の棺が安置されているソウル大病院の葬儀場に、韓国財界の要人が続々と弔問に訪れている。

 系列会社の資金横領などで服役し、光復(8月15日、日本による植民地支配からの解放)70周年の特別赦免で出所した大手財閥SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は18日午前、同病院を訪れて遺族をいたわった。弔問後、記者に対し「とても悲しい」などとコメントした。

 また、玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代グループ会長、朴容晩(パク・ヨンマン)斗山グループ会長、朴三求(パク・サムグ)クムホアシアナグループ会長らも弔問に訪れた。

 孟熙氏はサムスングループを創業した故李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の長男で、李在賢(イ・ジェヒョン)CJグループ会長の父。秉チョル氏の後継を争った末に弟で三男の健熙氏にサムスングループの経営権を譲り、グループ会社の第一製糖を譲り受けて独立した。第一製糖は後にCJと名を変えた。

 健熙氏の長男の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長をはじめとするサムスンのオーナー家族、崔志成(チェ・ジソン)未来戦略室長(副会長)らサムスングループの役員もすでに弔問を終えている。孟熙氏と健熙氏の確執で長年にわたり疎遠な関係になっていたサムスンとCJが、孟熙氏の葬儀を機に和解モードに入るかどうかが注目される。

 告別式は20日に営まれる予定。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2015年08月18日 16:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]