韓国旅行「コネスト」 8月、韓国ソウルの特別な見どころ「朝鮮時代の宮廷夜景」。韓国の旅行ニュース
KONEST

8月、韓国ソウルの特別な見どころ「朝鮮時代の宮廷夜景」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
8月の韓国の首都ソウルには特別な見どころがある。朝鮮時代の宮廷である景福宮(キョンボックン)と昌慶宮(チャンギョングン)が8月11~28日に夜間特別開放を行う。真夏の夜、美しい照明でライトアップされて奥ゆかしい情緒を漂わせる故宮を散策するのは、本当に風情があって特別な経験になるだろう。

景福宮は8月12日~28日(18日、25日火曜日休宮)、昌慶宮は8月11日~27日(17日、24日月曜日休宮)に夜間開放が実施される。夜間開放の観覧時間は午後7時30分から午後10時までだ(午後9時以降の入場は不可)。

故宮の夜間開放期間中、1日の最大観覧数はそれぞれ2500人に制限される。韓国人は事前にインターネットで観覧券を購入しなければならないが、外国人は景福宮や昌慶宮など夜間観覧をしたい宮廷の券売所を通じてその場で観覧券を購入できる。観覧料は景福宮3000ウォン(約320円)、昌慶宮1000ウォンだ。

故宮の夜間開放が内・外国人の関心を集めていることから、入場券を入手できない場合もある。この場合、ソウル市庁前にある徳寿宮(トクスグン)の夜景を鑑賞してもいいだろう。朝鮮時代4大王宮に属する徳寿宮は毎日午後9時まで夜間開放しているので、奥ゆかしい故宮の夏の夜を楽しむには十分だ。(夜間に観覧する場合には午後8時以前までに入場のこと。月曜日は休宮)

景福宮と昌慶宮、徳寿宮はソウル駅~仁川(インチョン)空港駅の間を運行する仁川空港鉄道(AREX)を利用すれば誰でもかんたんにアクセスすることができる。特に、ソウル駅に空港鉄道と地下鉄1、4号線に乗り換える乗換通路が開通してからは、空港鉄道と地下鉄を連携したソウル観光がより一層便利になった。景福宮は空港鉄道孔徳(コンドク)駅で5号線に乗り換えて光化門(クァンファムン)駅で下車し、2番出口から出ると徒歩15分の距離にある。光化門広場を通じて景福宮の正門である光化門の夜景を歩きながら堪能することができる。昌慶宮は空港鉄道ソウル駅で地下鉄4号線に乗り換えて恵化(ヘファ)駅で下車し、4番出口から出ると300メートルの距離にある。徳寿宮はソウル駅で1号線に乗り換えて市庁駅で下車して2番出口を利用するとよい。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年07月29日 10:17
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
コロナ感染者 再び400人下回る
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]