韓国旅行「コネスト」 脈を測るロボットが登場 1。韓国の経済ニュース
KONEST

脈を測るロボットが登場 1

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

韓方医学研究院キム・ジョンヨル博士、臨床結果データベース化で誤診を減らす

韓国韓方医学研究院診療研究部キム・ジョンヨル博士(49)は、韓方医学(東洋医学)の科学化を手がける韓方医だ。現代科学で作った診断機器が韓方医に代わって診断できるようにしようという構想を現実化しているのだ。多くの患者たちの臨床結果と韓方医たちの経験をデータベース化し、ロボットが脈を測るほか、舌に生えた舌苔の種類と顔つきの区別を正確にさせようというものだ。これで韓方医の感覚の差から起こる誤診を最小化し、四象医学上、異常体質の分類も標準化される。彼が主導して開発している診断装備はロボット検脈器、舌診器、顔分別器などだ。

すでにロボット検脈器と舌診器は実験試作品が開発され、顔分別器は昨年から開発が始まっている。彼は「検脈と舌苔の区分、顔の色や目鼻立ちをきちんと分別しただけでも患者の状態を相当部分把握することができる」とし「ロボット検脈器と舌診器が韓方医より正確に把握する」と話している。

◇ロボット検脈=脈は太さと強弱を同時に測る。ロボット検脈器は患者が手首を乗せると脈が走る部分を自ら正確に探して測る。彼は現在わかっている28種類の脈のうち10種類をロボット検脈器ができるようにした。キム博士のチームは脈を計る際の測定方法と区別法を見出し、あるベンチャー企業が機器を作りだした。キム博士は「韓方医の頭脳に当たるロボット検脈器の核となるアルゴリズムは研究チームが開発し、韓方医の手に当たるロボット検脈器のハードウェアは企業が作った」と説明した。

脈の中で浮脈というのがある。脈が浮かんでいるという意味だ。こうした脈は最初に軽く押したときは脈が強く感じられるが、強く押せば脈がほとんど感じられない。こうした人はエネルギーがすぐ消耗される人で、くたびれるのが早い。ロボット検脈器は浮脈を含めて沈脈、大脈、細脈など10種類を韓方医よりさらに正確に測る。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年04月06日 12:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]