韓国旅行「コネスト」 韓国情報機関のハッキング疑惑 与野党が解明に向け協議へ 。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国情報機関のハッキング疑惑 与野党が解明に向け協議へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)がスマートフォンなどから情報を盗むソフトウエアをイタリアの企業から購入していたことが明らかになったことを受け、韓国の与野党が20日、国情院の民間人へのハッキング疑惑に対する真相究明に向け協議する。今回のハッキング疑惑に関しては、国情院職員(45)が自殺したこともあり、真相究明をめぐり与野党が対立の様相をみせている。

 与党セヌリ党は国情院が国内の民間分野に対してハッキングを行っていないと釈明していることから、政争を中断し真相究明に集中すべきと主張しているが、最大野党の新政治民主連合は関連業務に携わっていた国情院職員の自殺で、民間人に対するハッキング疑惑が一層強まったとして攻勢をかけている。

 ハッキング疑惑をめぐっては、今月半ばに国情院がイタリアの企業から問題のソフトウエアを購入したことが発覚。野党などが国内民間人へのハッキング疑惑を提起した。国情院は北朝鮮情報を収集する目的で購入したと説明したが、国情院の職員が18日に遺書を残して自殺したことから、真相究明を求める声が高まっている。職員は遺書で「業務に対する過度な欲がこのような事態を引き起こしたようだ」と記した上で、国内の人に対するハッキングや選挙介入には使っていないと主張していた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2015年07月20日 09:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者 再び400人下回る
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]