韓国旅行「コネスト」 世界遺産登録の弥勒寺址で石塔の補修進む。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

世界遺産登録の弥勒寺址で石塔の補修進む

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
4日にドイツのボンで開かれた世界遺産委員会は公州(コンジュ)・扶余(プヨ)・益山(イクサン)の百済時代遺跡8カ所ユネスコ世界遺産に登録することを決めた。これを受け現在進行中である益山の弥勒寺址の石塔補修整備事業に関心が集まっている。弥勒寺址石塔は百済武王(600~641)当時に創建された巨大寺刹の弥勒寺にあった1組の塔で韓国最古で最大の石塔だ。このうち東塔は1992年に9層で復元された。

半壊した状態で6層目の一部まで残っていた西塔は1915年に日本人がコンクリートをかぶせかろうじて崩壊を免れてきた。2001年に全面的な補修整備のため解体を始め10年ぶりに完了した。この過程で建築・保存科学・考古学・美術史など多様な分野にわたり研究が進められた。再び組み上げる工事は2013年に着手され、現在慎重に慎重を重ねて進められている。工事の原則は推論による復元にならないよう6層まで積み上げ、もともとの石材を最大限活用し、過程を精密に記録して資料化することだ。

写真は基礎の上に礎石と柱を仮組み立てした状態だ。施工精密度を高めるため構造的安定性を事前に検討する段階だ。こうした手順を踏んで弥勒寺塔は2017年に堅固で古風な姿で再誕生する。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年07月12日 12:39
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]