韓国旅行「コネスト」 世界遺産登録の弥勒寺址で石塔の補修進む。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 世界遺産登録の弥勒寺址で石塔の補修進む

世界遺産登録の弥勒寺址で石塔の補修進む

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
4日にドイツのボンで開かれた世界遺産委員会は公州(コンジュ)・扶余(プヨ)・益山(イクサン)の百済時代遺跡8カ所ユネスコ世界遺産に登録することを決めた。これを受け現在進行中である益山の弥勒寺址の石塔補修整備事業に関心が集まっている。弥勒寺址石塔は百済武王(600~641)当時に創建された巨大寺刹の弥勒寺にあった1組の塔で韓国最古で最大の石塔だ。このうち東塔は1992年に9層で復元された。

半壊した状態で6層目の一部まで残っていた西塔は1915年に日本人がコンクリートをかぶせかろうじて崩壊を免れてきた。2001年に全面的な補修整備のため解体を始め10年ぶりに完了した。この過程で建築・保存科学・考古学・美術史など多様な分野にわたり研究が進められた。再び組み上げる工事は2013年に着手され、現在慎重に慎重を重ねて進められている。工事の原則は推論による復元にならないよう6層まで積み上げ、もともとの石材を最大限活用し、過程を精密に記録して資料化することだ。

写真は基礎の上に礎石と柱を仮組み立てした状態だ。施工精密度を高めるため構造的安定性を事前に検討する段階だ。こうした手順を踏んで弥勒寺塔は2017年に堅固で古風な姿で再誕生する。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年07月12日 12:39
コネスト関連記事
  • 弥勒寺址の位置情報(コネスト韓国地図)
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 2060年、世界人口は今より36%増…韓国は13%減
  • 韓国、国際物理オリンピアード総合2位…1位は中国
  • 大邱で子どもに硫酸浴びせた事件、公訴時効満了し迷宮入り
  • 台風9号接近 ソウルに最大120ミリの雨
  • 韓国社会は既にMERS終息の様相 活気取り戻す
  • 関連記事
  • 中央日報「社会・文化」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    文在寅大統領支持率=84.1%
    防弾少年団が米音楽賞受賞を語る
    キム・ヒョンジュンが6月に活動再開
    中国スマホがGalaxyに酷似?
    <U-20W杯>ソウルで街頭応援
    北野武監督の映画作品がソウルで上映
    英国公式行事にLGのOLEDテレビ
    韓、ブータン式「国民幸福指数」作る
    EXOがアンコール公演開催
    BIGBANGの日本ツアーが大盛況
    週間アクセスランキング
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    セウォル号、自死の教頭は出航に...
    17.05.26
    チェ・イェリョン今日結婚式
    17.05.25
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]