韓国旅行「コネスト」 韓国「10兆ウォン免税店市場」事業者選定 勝者は?。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国「10兆ウォン免税店市場」事業者選定 勝者は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「10兆ウォン免税店市場の勝負」で金升淵(キム・スンヨン)ハンファグループ会長(63)、鄭夢奎(チョン・モンギュ)現代産業開発会長(53)、李富真(イ・ブジン)ホテル新羅社長(43)が笑った。

関税庁免税店特許審査委員会は10日、ソウル市内の新規免税店大企業事業者にHDC新羅免税店(ホテル新羅・現代産業開発合弁法人)とハンファギャラリアタイムワールドを選定した。HDC新羅免税店は「世界最大の都心型免税店」を標ぼうしてソウル龍山(ヨンサン)アイパークモールに、ハンファギャラリア免税店は「汝矣島(ヨイド)観光コース」を構築してソウル63ビルに入る。イ・ドンヒョン特許審査委員長(関税庁次長)は「免税店の管理運営能力、経済活性化への寄与度など5項目を基準に忠実に評価した」と述べた。中堅・中小企業の免税店には、ソウルで14倍の競争率を突破したSM免税店(ハナツアーなど)、済州(チェジュ)では済州観光公社が選ばれた。

今回の審査では特に大企業の免税店特許権2件をめぐり競争が激しかった。国内2大免税店事業者のロッテと新羅のほか、新世界・現代百貨店グループ、イーランド、SKネットワークスなどが立候補した。景気低迷と流通業界の不振の中でも中国人観光客のおかげで免税店市場は10兆ウォン(約1兆1000億円)規模に成長したからだ。

現代家の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長とサムスン家の李富真(イ・ブジン)社長は手を組み、現代百貨店グループ・新世界グループに対抗した。免税店経験不足(現代産業開発)と寡占論争(ホテル新羅)を克服するための連合戦略だった。

一方、この日午後5時の発表に先立ち、午前から免税店決定予想企業リストが出回り、該当企業の株価が急騰した。この日、ハンファギャラリアタイムワールドの株価はストップ高(7万8000ウォン)、ホテル新羅(12万8000ウォン)も8.94%値上がりした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年07月11日 08:43
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]