韓国旅行「コネスト」 <李記者の映画?映画!>『グエムル』と『大日本人』。韓国の芸能ニュース
KONEST

<李記者の映画?映画!>『グエムル』と『大日本人』

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今月初め、日本で『大日本人』という日本映画が公開されました。主人公は各種怪獣と戦ってきた英雄の子孫で、そして今も日本のあちこちに怪獣が現れれば巨大な体に変身して戦います。しかし実際は英雄の通念と少し違います。能力のないごろつきに近い。社会でも尊敬を受けるどころか人気も最低です。テレビ放送される対決場面の視聴率は天気予報にも及ばないのです。

幸か不幸かマネジャー(!)がいます。スポンサーをひっぱって来て広告を付ける役です。怪獣に勝てずに逃げだしますが、マネジャーはこれを喜びます。背中に付いた広告がはるかによく露出されるからだとか。

『大日本人』は日本の怪獣映画の伝統を覆す面白い映画です。怪獣たちの形態も面白い。実写のように見せようとする意図が全くない、一言で 「僕はコンピューターグラフィックさ」と言うようなマンガ的キャラクターです。最後には非常に露骨に日本特有の“特撮”の真似をします。にせものとよくわかるミニアチュアセットでこの上なく幼稚なユニホームを着た新たな英雄たちを登場させます。

『大日本人』を見たのは5月、カンヌ映画祭ででした。監督週間に出品されていました。1年前にポン・ジュノ監督の『グエムル−漢江の怪物―』が招請されたまさにその部門です。そのためではなくても自然に『グエムル』が思い浮びます。怪獣映画の通念と違い、最初に怪獣の実体を現して、怪獣に対立して戦う人々が、決して英雄ではない変種の怪獣という映画だからです。ひょっとしたら『グエムル』が『大日本人』の誕生を刺激しなかっただろうかと恣意的な推測もしてみました。ハリウッド『ゴジラ』の元祖である『ガメラ』の国であると同時に、怪獣映画の総本山を自認する所が日本だからです。

『大日本人』は海賊と蜘蛛人間にはさまれて公開第1週、日本のボックスオフィス2位となりました。昨年、韓国の『グエムル』まではいかなくても、ハリウッドブロックバスターと競争する自国映画の興行成績としてはなかなかです。今の忠武路(チュンムロ、韓国映画界)の悽惨な状況に比べたら特に。『グエムル』が怪力を発揮して1年後、忠武路は韓国映画の対抗馬の登場を待つ立場になりました。振り返れば『グエムル』は変種だったからまた魅力的でした。ハリウッドのようなデジタル表現力を「私たちにもできる」ではなく、ハリウッドでは見られないキャラクターと展開で、韓国的な味をうまく引き出したんです。ハリウッド以外の観客たちが自国映画に期待することが「もう1つのハリウッド」ではないという、単純な考えをまためぐらせています。ハリウッドではないからこそできる忠武路の変種の力を待っています。

李后男(イ・フナム)記者



COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年06月26日 12:24
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
IUが総額5億ウォンを寄付
21.05.17
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]