韓国旅行「コネスト」 韓国、中米6カ国とFTA交渉開始。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国、中米6カ国とFTA交渉開始

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国と中米6カ国(グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラス、コスタリカ、パナマ)の自由貿易協定(FTA)交渉が始まった。尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官は18日(現地時間)、米ヒューストンでこれら6カ国と通産相会談を開き、「韓・中米FTA」の交渉開始を宣言した。中米6カ国は1960年に中米統合機構(SIECA)を結成し、輸入品に共同関税を課している。

尹長官は「交渉がうまく進めば、韓国は中米6カ国とFTAを締結する最初のアジア国家となる」とし「中国・日本など競争国より中米市場を先に獲得する契機になるだろう」と述べた。

これら6カ国の昨年の国内総生産(GDP)は2098億ドルで中南米全体32カ国・地域のうち5位、人口(4350万人)は3位。国別に見ると、1人あたりの国民所得はパナマ(1万1799ドル)、人口はグアテマラ(1460万人)が最も多い。韓国との貿易規模は50億200万ドル(輸出37億6400万ドル、輸入12億3800万ドル)と、昨年の韓国の貿易全体の0.45%だった。うちパナマ(32億6000万ドル)が65.2%を占めた。主な輸出品は乗用車(2億3100万ドル)、編織物(1億4700万ドル)、主な輸入品はサトウキビ(1億9100万ドル)・コンピューター部品(1億3000万ドル)。

国連の税関統計データベースによると、韓・中米FTAが締結されれば、発効初年度の関税撤廃・引き下げ効果で韓国の対中米輸出額は10%(1億4000万ドル)、輸入額は33.8%(2億3000万ドル)増える。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は19日、報告書「韓・中米FTA推進と韓国企業の進出機会」で、FTAが妥結する場合、現在20%台の輸入関税が課されている自動車・自動車部品の利益が最も大きいと分析した。国別に13-20%の関税が適用される携帯電話、関税率が3-15%の建設資材も利益が大きい業種に挙げられる。南米で需要が増えている医療機器、韓流ブームで人気が高まっている飲食品もFTA効果が期待される。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年06月20日 11:42
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]