韓国旅行「コネスト」 検察「機内狼ぜき・醜行」歌手ボビー・キムに懲役1年・執行猶予2年求刑。韓国の芸能ニュース
KONEST

検察「機内狼ぜき・醜行」歌手ボビー・キムに懲役1年・執行猶予2年求刑

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
検察が「機内狼ぜき」の疑いを受けている歌手ボビー・キムに懲役1年執行猶予2年、罰金500万ウォンを求刑した。

1日午後、仁川(インチョン)地方裁判所では、航空保安法違反および強制わいせつの罪で起訴されたボビー・キムの第1次公判が開かれた。

この日ボビー・キムは、強制わいせつおよび機内狼ぜきについての公訴事実をすべて認めた。判事は「被害乗務員の陳述によれば身体接触や言葉の戯弄が1回ではなく何回もあった」として「目撃者はボビー・キムが乗務員にする行動が危険と思われ、直接これを適切になだめすかせたりもしたと述べた」と話し、ボビー・キムは全て認めた。

これに対し検察は被告人のボビー・キムに懲役2年に執行猶予2年、罰金500万ウォンを求刑した。

ボビー・キム側は「被告人ボビー・キムが社会的物議をかもした点については反省している」として「ただしボビー・キムは当時酒に酔っていた状態で、事件の状況を見れば典型的な“悪い酒癖”の姿であり、不純な目的で狼ぜきや醜行を計画したわけではない」と訴えた。また「現在ボビー・キムは外出さえも控えるなど自粛中であり、刑事処罰を受けた前科がないので、善処して下さるならばボビー・キムの歌を愛する人々のために一生懸命に生きていく」と伝えた。

ボビー・キムは今年1月、仁川からサンフランシスコに向かう大韓航空機内で酒に酔って大声を上げ、乗務員の腰を抱きしめるなどの乱暴な振る舞いをしたとされた。その後2月13日仁川国際空港から入国したボビー・キムは「ご心配をかけて申し訳ない」として頭を下げた。彼は米国の警察の調査では嫌疑なしの処分を受け、検察の調査では一部容疑を認めたという。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年06月01日 15:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者564人
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]