韓国旅行「コネスト」 <大リーグ>柳賢振、肩の手術終える…ドジャース監督「結果はよい」。韓国のスポーツニュース
KONEST

<大リーグ>柳賢振、肩の手術終える…ドジャース監督「結果はよい」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
LAドジャースの柳賢振(リュ・ヒョンジン)が肩の手術を無事に終えた。

柳賢振は22日(日本時間)、米ロサンゼルスの病院で球団の主治医ニール・エラトレチェ博士の執刀で2時間ほど肩の手術を受けた。柳賢振と同行したスコット・ボーラス・コーポレーションのアジア担当テッド・ヨ氏は「手術はうまくいった」と伝えた。

ドジャースのマッティングリー監督はサンフランシスコ遠征試合の前、球団ホームページを通じて、「手術の結果はよいと聞いた」とし「柳賢振は来年のスプリングキャンプで投球する準備ができるだろう」とコメントした。

ドジャース球団によると、柳賢振は左肩に軽微な関節唇損傷が見つかり、手術を通じて治療を受けた。球団はホームページで「期待できる最適な結果が出た」と手術の経過について伝えた。

柳賢振の手術を執刀した主治医エラトレチェ博士は米国整形外科学界で最高の権威がある医師。「全米最高のスポーツ医学専門家19人」の一人に入る。現在のLAドジャース球団とプロアイスホッケー(NHL)アナハイム・ダックス、LAキングス、米プロフットボール(NFL)セントルイス・ラムズ、ゴルフPGAツアーの医学諮問を受けている。

エラトレチェ博士は柳賢振の肩にレンズを付着した管を通して損傷した関節唇を縫合し、痛みをなくすためのクリーニング手術をした。柳賢振は3、4週間ほど休んだ後、球団のリハビリプログラムに入る。

現地メディアによると、柳賢振は関節唇を縫合した。普通、手術後4-6週ほどは補助器を付ける。補助器を取れば軽い筋力運動を始め、その後、ITP(段階別投球プログラム)に入る。ITPは距離と強度を変えてボールを投げる。シャドウピッチングの後、15メートルから始め、最大60メートルまで進めるのが一般的だ。その後、ハーフ投球とブルペン投球、そしてライブ投球という段階を踏む。1年間ほど必要なリハビリだ。手術を無事に終えた柳賢振には長いリハビリが待っている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年05月22日 10:34
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
SKZ 4月に日本でファンイベント
新人グループI'LL-IT パリへ
囲碁の農心杯 申真ソが4連覇
作曲家・新沙洞の虎さん死亡
医大生が休学届11481人
尹大統領の支持率34%に上昇
TWICEミナが投票1位
BTSのMVが再生18億回超
医療混乱、警戒レベル「深刻」発令
ロッテグループ日本でヘルスケア事業
週間アクセスランキング
俳優チョ・インソン詐欺に注意
24.02.22
コカ・コーラハングル入り限定品発売
24.02.21
世界を魅了した韓国ラーメン
24.02.20
歌手ソン・シギョン、マッコリ発売
24.02.22
HYBE新人女性グループデビュー
24.02.21
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]