韓国旅行「コネスト」 空色のEVタクシー40台、今年下半期からソウルでサービス開始。韓国の旅行ニュース
KONEST

空色のEVタクシー40台、今年下半期からソウルでサービス開始

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今秋からソウル都心で空色の電気自動車(EV)タクシーを見ることができるようになる。ソウル市は今年下半期から電気で動くEVタクシー40台(個人タクシー25台、法人タクシー15台)を公式運用すると18日、発表した。EVタクシーが粒子状物質の遮断に効果的という判断からだ。昨年、EVタクシー10台を試験運用して実戦適応訓練も終えている状態だ。ソウルEVタクシーは表面を空色に塗装し、従来のLPGタクシーと区別しやすいようにした。

ソウル市タクシー政策チームのチェ・ハンチョル・チーム長は「EVタクシーはLPGタクシーと比べると燃料費が安いうえに汚染物質の排出がなく、大気質の改善にも効果がある」と説明した。市は21日から来月10日までEVタクシー事業に参加する運送事業者申請を受け付ける。

問題は予算だ。EVタクシーは車両価格が4090万ウォン(約450万円)で一般のタクシーより高価だ。ソウル市は国費補助などを含め合計3000万ウォンの補助金を支援する計画だ。短い運行距離を補完するために個人タクシー1台あたり緩速充電器設置1台も支援する。EVタクシー40台の普及に12億ウォンの補助金が必要な状況だ。

EVタクシー料金は既存のタクシーと同一だ。基本料金は3000ウォンで142メートルあたり100ウォンの料金が追加される。1時間あたりの料金(時速15キロ未満時に適用)は35秒あたり100ウォンだ。ソウル市はEVタクシーの導入とは別に、EV急速充電器を新たに設置するためにも予算を投じている。2018年までに市全域に500基の急速充電器を設置する方針だ。

ソウル市の電気自動車奨励政策は拡大し続けている。ソウル市は先月からEV購入費支援対象を乗用車からトラック・二輪車などにも拡大し、今年の年末までに電気自動車500台を供給する計画だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年05月19日 10:24
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]