韓国旅行「コネスト」 ロシアのカー・オブ・ザ・イヤーで現代・起亜自が4部門で受賞。韓国の経済ニュース
KONEST

ロシアのカー・オブ・ザ・イヤーで現代・起亜自が4部門で受賞

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ロシア市場から撤退する代わりに「義理」を選択した現代・起亜自動車が現地で「カー・オブ・ザ・イヤー」4部門で受賞した。ロシアは昨年下半期から始まったルーブル暴落で米国、ドイツ、日本の自動車メーカーの“脱出ラッシュ”が続いている。

現代・起亜自動車は29日「2015ロシア・カー・オブ・ザ・イヤー」で高級車、小型車、準中型車、大衆車ブランドの4部門で受賞したと明らかにした。カー・オブ・ザ・イヤーはロシア人100万人を対象に実施したアンケート調査を通じて選定された。

現代自動車「アクセント」(現地名:ソラリス)が小型車部門、「ジェネシス」が高級車部門、起亜自動車「シード」(K3ハッチバックモデル)」が準中型車部門でそれぞれ今年のカー・オブ・ザ・イヤーとなった。

特にソラリスは4年連続で小型車部門のカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、現代自動車ロシア法人も「最も愛される大衆車メーカー」に2年連続で選ばれた。

事実現代自動車ロシア生産法人の1~3月期の売り上げは3660億ウォンで前年同期の6230億ウォンと比べほぼ半分となった状況だ。ルーブル相場が昨年第1四半期平均の1ルーブル=30.6ウォンから今年は17.5ウォンと1年間に約43%暴落したためだ。このため世界の自動車メーカーの大部分はロシアから撤退している。米ゼネラルモーターズ(GM)は年末までにロシア第2の都市サンクトペテルブルクで運営中の工場を閉鎖することにした。独フォルクスワーゲンは昨年末に従業員を150人近く減員した。米フォード、日本三菱、仏プジョー・シトロエングループも主要モデルの生産台数を減らす方針だ。

これに対し現代・起亜自動車は長期的観点からロシア市場を守るという方針だ。現代・起亜自動車関係者は、「ロシア工場閉鎖と生産量縮小、従業員減員は考慮していない」と明らかにした。むしろ現代自動車は1月にモスクワに自動車複合文化空間「現代モータースタジオ・モスクワ」をオープンしている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年04月30日 13:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]