韓国旅行「コネスト」 「犬は家畜か」 ネチズン甲論乙駁…2。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「犬は家畜か」 ネチズン甲論乙駁…2

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
◇‘犬肉’受難

韓国は75年、犬を‘食肉’検査が可能な‘家畜’に含めた。その後、‘家畜’の範囲から外された78年まで、一般精肉店など公認されたところでの犬肉の販売を許可した。

80年代初め、英国で「犬の肉を食べる韓国人を糾弾する」という抗議デモが行われ、88年のソウルオリンピック(五輪)をボイコットするまでに事態は大きくなった。

これを受け、政府は84年、犬肉を扱う全国の飲食店の営業を禁止した。ソウル市は‘嫌悪食品の営業行為禁止の対象と地域’も定めた。しかし‘三伏’になると、補身湯(ポシンタン)を食べに来る人の行列ができた。

06年、国会保健福祉委員会所属の金椿鎮(キム・チュンジン)議員が犬肉の消費量を調査した結果、年間200万匹が補身湯と焼酎を作るために処理されていることが明らかになった。

北済州郡(プクチェジュグン)は00年、犬を‘家畜’に含めるよう建議案を農林部に提出した。

01年、ハンナラ党のキム・ホンシン議員は犬の食肉処理の合法化のため畜産物加工処理法改正案を国会に提出したが、国内外の動物保護団体の非難を受け、法改正は白紙に戻った。

一方、現行の畜産物加工処理法は‘家畜’の範囲を牛、馬、羊、豚、鶏、鴨などに規定している。このほか、大統領令に定めた鹿、ウサギ、七面鳥、ガチョウ、ウズラ、キジ、ロバなども含めた。

畜産物加工処理法上、犬が‘家畜’に含まれれば、犬の肉を扱う業者は食肉処理や料理などで定期的な衛生検査を受けることになる。

ソウル市畜産物安全チームのキム・イクチュ・チーム長は「動物団体や学界などからの意見を取りまとめ、畜産物加工処理法改正案を推進するかどうか決める」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年03月25日 16:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]