韓国旅行「コネスト」 「離婚訴訟中の浮気、姦通罪は成立しない」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「離婚訴訟中の浮気、姦通罪は成立しない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
夫婦が婚姻関係を維持する意思がない中で、妻が他の男性と性関係を持った場合、姦通罪は成立しない、という判決があった。

釜山(プサン)地裁は26日、姦通容疑で起訴され、一審で有罪を宣告されたA(44、女性)と相手男性B(44)に対する控訴審で、原審を破棄し、控訴を棄却した。

釜山地裁は判決文で「Aが夫に隠れてBと性関係を持ったとしても、その時期がAが夫を相手に離婚訴訟を起こした後であり、夫婦の間で離婚の意思が明らかに一致していたと判断される」とし「法律的に婚姻関係にあったとしても、夫婦の間で離婚するという意思が明らかな場合、相手の姦通に対し事前同意した見なすべき」と明らかにした。

Aは06年7月3日夜、Bと車の中で性関係を持った容疑で起訴され、昨年4月の一審でBとともに懲役10月、執行猶予2年が言い渡された。

AはBと性関係を持つ前の05年12月、夫の暴力などを理由に離婚訴訟を起こした一方、夫も06年3月、「離婚はAの乱れた生活のため」と主張し、養育権など離婚と関連した調停を裁判所に申し立てた。Aの異議申請で裁判所の調停成立が延期された中、夫が06年5月からAを尾行、不倫現場を目撃して告訴した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年03月27日 13:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
韓国の新規コロナ感染者525人
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
週間アクセスランキング
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]