韓国旅行「コネスト」 歌手パク・ジニョン、新譜が音源チャート1位疾走…「女はやっぱりスタイル」直説話法通じた。韓国の芸能ニュース
KONEST

歌手パク・ジニョン、新譜が音源チャート1位疾走…「女はやっぱりスタイル」直説話法通じた

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
「骨芸能人(骨の中まで芸能人)」の歌手パク・ジニョン(43)が帰ってきた。12日に発表したシングルアルバム『24/34』の題名のように、彼はウェスト24インチ、ヒップ34インチの女性だけをチョロチョロと追いかける。タイトル曲『お母様は誰なんだ』はそれこそ露骨だ。コーラ瓶スタイルの女性の前で当たり前のように感歎詞を吐きだす彼に、大衆が反応した。各種のオンライン音源チャート1位を疾走している。

20日ソウル清潭洞(チョンダムドン)のカフェで会ったパク・ジニョンは「率直に感じたことを話し、女性をぞんざいに扱うような歌ではない」として「歌とプロモーションビデオの発表前に所属事務所の女性社員にすべて見せたが、みな笑わせたので大丈夫だと思った」と話した。このようにパク・ジニョンの言葉はいつも直説話法だ。1994年のデビュー以来、網タイツ・ビニール服のアイコンになったこともあり、『エレベーター』『HONEY』など率直で派手でけばけばしい歌も多かった。2000年代に入ってからは歌手よりもJYPエンターテインメントのトップとしての活動に集中した。チラホラと歌も発表したが苦悩が多かったのだろうか。『遊ぶだけ遊んでみた(2013年)』などの歌は多少深刻なものだった。

「今まで作って発表したすべての曲が私の人生の記録。人々の期待に沿った歌よりも、私が望む歌を歌うつもりだ。その時ごとに率直に飛び出してくる音楽が私の音楽で、そのすべてがパク・ジニョンスタイルだ」。

パク・ジニョンはこれまでずっと60歳になっても最高の踊りと歌を歌うと誓ってきた。その時も20代のように踊って歌うために彼は医学・生物学博士になった。この日のインタビュー前のランチも家から持ってきたお弁当だった。有機農の食事をし、有害環境を遮断するために必死だ。全身に血を等しく送るために一日1回ずつすべての筋肉と関節をほぐす。「人間の身体は100兆個の細胞で構成されているが、血の循環をコントロールするのが最も重要で…」。この日、彼の人体学概論の講義は10分以上続いた。

彼の信条は「正しく誠実に」だ。所属歌手にルームサロン禁止令も出した。昨年、国税庁から税務調査を受けたが調査員が「尊敬している。一生ファンだ」といって帰っていった。それならば最近イシューになった所属グループMissAのスジの熱愛説を彼はどう見ているのか。「恋愛が正しくないことではなく、怠けたことでもないから責める理由はない。(相手の)イ・ミンホについて周辺に尋ねると、なかなか良い人間のようだ」というのが彼の返事だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年04月21日 16:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]