ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 桜前線、済州からソウルまで9日間で北上。韓国の旅行ニュース
KONEST

桜前線、済州からソウルまで9日間で北上

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
先月28日、会社員のパクさん(45)はソウル汝矣島(ヨイド)聖母病院前の輪中路で開花した桜を見つけ、写真を撮影した。全体の半分ほどが開花した木も数本あった。パクさんは「南部地方で桜が開花したというニュースとほぼ同時にソウルでも桜の花を見ることができた」と語った。

今年も桜前線が速いペースで北上した。平年(1981-2010年平均)では済州西帰浦(ソギポ)では3月24日、ソウルでは4月10日に開花し、17日の差がある。しかし今年は公式開花日を基準に西帰浦(3月25日)とソウル(4月3日、松月洞観測地点基準)の差は9日だった。

昨年の春は西帰浦で3月25日に開花し、わずか3日後の3月28日にソウルで公式開花した。2013年には西帰浦(3月17日)とソウル(4月15日)の開花日の差が29日もあった。

気象庁のキム・ヨンジン通報官は「桜の開花1-2週間前の気温が開花の時期に大きな影響を与える」とし「昨年と今年の3月中旬は平年並みか、それより低かった半面、3月下旬の気温は平年より高く、ソウルで桜の花が早く開花したようだ」と述べた。地球温暖化も影響を及ぼし、過去10年(2006-2015年)の平均開花日は70年代(71-80年)に比べ、ソウル・西帰浦ともに4日早くなっている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年04月08日 13:26
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
エアプサン 釜山―札幌線の運航再開
ソウル地下鉄の労使交渉が妥結
仮面劇タルチュム ユネスコ遺産に
世界4大ミスコン 韓国人が初優勝
SMエンタ 元日無料オンライン公演
10月の訪韓外国人 47.6万人
釜山と大阪結ぶ旅客船 釜山港入港へ
草間弥生の緑の『かぼちゃ』落札
BTSジョングク ビルボード1位
首都圏ガソリンスタンド品切れ相次ぐ
週間アクセスランキング
「BTSトラベルブック」が出版へ
22.11.25
「赤い悪魔」数万人で賑わった光化門
22.11.25
イカゲーム俳優政府広報放映中止に
22.11.25
KPOP公演企画事務所が海外で逮捕
22.11.25
ヒョンビン&ソン・イェジン男児出産
22.11.28
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]