韓国旅行「コネスト」 韓国映画『二十歳』、公開初日に15万観客…興行に期待アップ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国映画『二十歳』、公開初日に15万観客…興行に期待アップ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画『二十歳』が15万1123人のオープニングスコアを記録してボックスオフィス1位に登場した。26日、映画振興委員会統合電算網によると、同作は25日1日で15万1126人の観客を動員してボックスオフィス首位に立った。ボックスオフィス2位の『セッション』4万6457人の3倍を超える数値だ。『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』(原題」は3位におされたが、3万9764人(累積観客数545万人)の観客を集めて相変わらずの底力を発揮している。

公開前から今年の公開作品中最高の前売り占有率(40%)を記録した『二十歳』は、外国映画の独走を阻んで閑散期の3月の劇場街に活力を吹き込む作品として注目されていた。同日午前基準のリアルタイム前売り率でも36.3%で1位を占めて興行に“青信号”を灯した。

配給会社関係者は「主演俳優に対する高い好感度と4万人に迫る全国試写会が肯定的な口コミを生み出して爆発的な初週のオープニングスコアを記録したようだ。また、公開後の観客好評が続き、週末観客数の増加はもちろん久しぶりの韓国映画興行作誕生に対する期待が加わっている」と伝えた。

一方、『二十歳』はイ・ビョンホン監督の初の商業映画デビュー作で、キム・ウビン、イ・ジュノ、カン・ハヌルが主演だ。人生で最も恥ずかしい毎日をともに過ごす世間知らずの20歳の話を描いた青春コメディー『二十歳』は公開前のリアルタイム前売り率で40%を超える比率を占有するなど、早くから観客の大きな関心を引いた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年03月26日 17:16
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]