韓国旅行「コネスト」 韓国初の女性病院「保救女館」復元へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国初の女性病院「保救女館」復元へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
梨花(イファ)女子大医科大学をソウル江西区(カンソグ)の麻谷(マゴク)キャンパスに移転する計画が今月18日、ソウル市都市計画委員会を通過した。麻谷キャンパスには韓国初の女性専門病院「保救女館(ポグヨグァン、女性を保護して救うという意味)」が復元される。

ソウル市は19日、「都市計画委員会で梨花女子大学麻谷キャンパスの細部施設造成計画案が通過した」と明らかにした。この計画案によると、麻谷キャンパスは2018年までに9917平方メートル(約3000坪)規模で造成される。ここには梨花女子大第2付属病院と医科大学が入り、保救女館も復元される。

保救女館は1887年ウィリアム・スクラントン(Scranton,W.B)牧師の提案で統一メソジスト教会の女医師メタ・ハワード(Meta Haward)氏がソウル貞洞(チョンドン)に建立した病院だ。高宗(コジョン)皇帝が病院の名前を自ら付けて下賜した。現梨花女子大付属病院の前身で、韓国初の女医であるパク・エステル(1879~1920)もこの病院の出身だ。保救女館は1912年ソウル東大門(トンデムン)につくられた梨花女子大付属病院としてその機能が移転されながら撤去された。

1000病床規模の梨花女子大第2付属病院は国内としては初めてすべての病室が1人部屋で構成されている。現在ソウル陽川区(ヤンチョング)にある梨大木洞(モクドン)病院(700病床規模)は女性専門病院として活用されることになった。

ソウル市は麻谷キャンパスの移転でソウル西南圏MICE(企業会議およびインセンティブ観光・コンベンション・展示産業)産業の推進に弾みがつくと期待している。ソウル市施設計画課のハン・ユソク課長は「今回の都市計画の通過で麻谷地区の長期的発展の準備ができることになった」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年03月20日 16:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]