韓国旅行「コネスト」 米軍基地2カ所返還合意…韓国が汚染浄化費用負担へ。韓国の政治ニュース
KONEST

米軍基地2カ所返還合意…韓国が汚染浄化費用負担へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国国内の米軍基地5カ所のうち2カ所について事実上交渉が妥結した。2011年5月に韓米両国が交渉を始めてほぼ4年ぶりだ。しかし汚染浄化費用を韓国側が負担すると伝えられ、波紋が予想される。

複数の政府関係者によると、釜山市の米国防総省物資再活用流通事業所(DRMO)と京畿道東豆川市(トンドゥチョンシ)のキャンプ・キャッスルに関する返還交渉が終わった。韓米駐屯軍地位協定(SOFA)合同委員会の最終署名だけを残した状態だ。

匿名を求めた外交部関係者は「敷地を利用する機関が交渉が早期に妥結することを希望した」とし「こうした点を反映し、SOFA分科委員会で結論を出した後、合同委員会に伝えた」と説明した。

釜山DRMO敷地は韓国鉄道施設公団が、キャンプ・キャッスルは東豆川市と東洋大が使用する予定だ。釜山DRMOとキャンプ・キャッスルのほか、東豆川市のキャンプ・ホビーと江原道原州市(ウォンジュシ)のキャンプ・イーグル、キャンプ・ロングの3カ所については交渉が続いている。

その間、米軍基地返還交渉では汚染した土地の浄化問題が障害物として作用した。キャンプ・キャッスルは全体敷地15万6261平方メートルのうち6万6339平方メートル(42%)が学校用地としての許容値を超過する油と重金属で汚染されている。釜山DRMOの場合は3万4945平方メートルのうち7.5%が油と重金属のために鉄道用地に適していないという調査結果が出た。

交渉で韓国は汚染を浄化した後に返還することを要求してきた。しかし米軍側はSOFA浄化基準である「人間の健康に緊急な実質的危険」に該当しないという理由で拒否してきた。そして今回、韓国側が浄化費用を抱える条件で交渉が妥結した。

浄化費用は敷地を利用する鉄道施設公団と東豆川市・東洋大ではなく政府が負担する。費用の規模は未知数だ。環境部のパク・ヨンギュ土壌地下水課長は「返還された後、詳細な調査をしてこそ浄化費用が分かる」と述べた。

2011年に返還された釜山のキャンプ・ハヤリアの場合、返還前に米軍側が「汚染したところは全体敷地の0・26%」と発表したが、返還後の詳細な調査では9.4%が汚染していたことが確認された。これを受け、浄化費用は当初予想された3億ウォンの50倍近い143億ウォン(約15億円)に増えた。当時もこの費用を韓国側が負担した。

緑色連合のソ・ジェチョル専門委員は「浄化費用を我々が負担するのは残り3カ所の基地と龍山(ヨンサン)米軍基地の返還交渉でも先例として作用する可能性が高い」と懸念を表した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年03月13日 13:32
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
韓国の新規コロナ感染者398人
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]