ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 <駐韓米大使襲撃>「来週初めに抜糸、その1、2日後に退院を決める」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<駐韓米大使襲撃>「来週初めに抜糸、その1、2日後に退院を決める」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
マーク・リッパート駐韓米国大使(42)の治療を担当しているソウル新村(シンチョン)セブランス病院側は6日、「来週の月曜日(9日)または火曜日(10日)ごろ抜糸をし、その1、2日後に退院を決める」と明らかにした。病院側は「貫通傷を負った左腕の抜糸は10日ほど過ぎた後に計画している」と説明した。

尹道欽(ユン・ドフム)セブランス病院長(59)はこの日午前の記者会見で、「リッパート大使は前日午前3時ごろ眠り、午前7時ごろ起きた。病室の中を自由に行き来していて、コンディションはよい」と述べた。尹院長は「リッパート大使が医療スタッフに韓国語で『医療スタッフと韓国国民の配慮に感謝している』と話した」と伝えた。

尹院長によると、リッパート大使は左手の指の周囲に一部痛みがあると訴えたという。リッパート大使はこの日午前、鄭甲泳(チョン・カプヨン)延世大総長(64)に対し、左腕の痛みについて「がまんできるほど(manageable)」と話したという。

尹院長は「手術後に37.7度まで上がった体温も現在は37.1度まで落ち、正常に回復した」とし「顔に約80針縫う縫合手術を受けて心配だったが、サラダやトーストで朝食を済ませた後、プリンやサンドイッチを食べた」と説明した。

市民の激励も続いた。ある70代の男性が午前6時40分、リッパート大使に伝えたいと言いながら犬肉とワカメのスープを持って病院を訪れた。市民から多くの花も届いた。病院の関係者は「大使が治療中なので、犬肉とワカメのスープは丁重にお断りした」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年03月07日 11:10
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国 24カ国の旅行警報引き下げ
ソウル あす氷点下…寒波警報
新羅ホテルのレストラン 仏も太鼓判
コロナが変えた韓国人の経済意識
BTSシュガのバラエティー番組企画
新規コロナ感染者 71,476人
韓国監督「最後まで最善つくす」
W杯試合後に退場させられた韓国監督
W杯 韓国、ガーナに2-3で敗れる
釜山花火大会 来月17日に開催
週間アクセスランキング
きょうからコンビニ袋は販売も禁止
22.11.24
「BTSトラベルブック」が出版へ
22.11.25
「赤い悪魔」数万人で賑わった光化門
22.11.25
イカゲーム俳優政府広報放映中止に
22.11.25
使い捨て製品規制24日から拡大
22.11.23
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]