韓国旅行「コネスト」 <駐韓米大使襲撃>「来週初めに抜糸、その1、2日後に退院を決める」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<駐韓米大使襲撃>「来週初めに抜糸、その1、2日後に退院を決める」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
マーク・リッパート駐韓米国大使(42)の治療を担当しているソウル新村(シンチョン)セブランス病院側は6日、「来週の月曜日(9日)または火曜日(10日)ごろ抜糸をし、その1、2日後に退院を決める」と明らかにした。病院側は「貫通傷を負った左腕の抜糸は10日ほど過ぎた後に計画している」と説明した。

尹道欽(ユン・ドフム)セブランス病院長(59)はこの日午前の記者会見で、「リッパート大使は前日午前3時ごろ眠り、午前7時ごろ起きた。病室の中を自由に行き来していて、コンディションはよい」と述べた。尹院長は「リッパート大使が医療スタッフに韓国語で『医療スタッフと韓国国民の配慮に感謝している』と話した」と伝えた。

尹院長によると、リッパート大使は左手の指の周囲に一部痛みがあると訴えたという。リッパート大使はこの日午前、鄭甲泳(チョン・カプヨン)延世大総長(64)に対し、左腕の痛みについて「がまんできるほど(manageable)」と話したという。

尹院長は「手術後に37.7度まで上がった体温も現在は37.1度まで落ち、正常に回復した」とし「顔に約80針縫う縫合手術を受けて心配だったが、サラダやトーストで朝食を済ませた後、プリンやサンドイッチを食べた」と説明した。

市民の激励も続いた。ある70代の男性が午前6時40分、リッパート大使に伝えたいと言いながら犬肉とワカメのスープを持って病院を訪れた。市民から多くの花も届いた。病院の関係者は「大使が治療中なので、犬肉とワカメのスープは丁重にお断りした」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年03月07日 11:10
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]