ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 UAEが36億ドル投資、韓国に「ミニドバイ」建設。韓国の政治ニュース
KONEST

UAEが36億ドル投資、韓国に「ミニドバイ」建設

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
アラブ首長国連邦(UAE)ドバイが仁川黔丹(コムダン)新都市に36億ドルを投資する意向を伝えた。グローバル企業が入る「企業都市」を建設する計画だ。

劉正福(ユ・ジョンボク)仁川市長は3日(現地時間)、ドバイでカリファ・アルダブス「フューチャーシティ(future city)」最高経営責任者(CEO)に会い、こうした内容の投資意向書(LOI)を受けた。フューチャーシティはドバイ国富ファンドのドバイ投資庁(ICD)が100%出資した会社。フューチャーシティは今月中旬に仁川市を訪問し、具体的な投資内容を盛り込んだ了解覚書(MOU)を締結する予定だ。

投資候補地は黔丹新都市第1段階事業地区。ドバイ投資庁はここの387万平方メートルの敷地に情報通信技術(ICT)およびメディアコンテンツ企業が入る団地を造成する。住居団地と複合ショッピングモール、教育機関のような付帯施設も建設する。仁川市側は「ドバイ投資庁が外国企業の誘致に核心的な役割をすることにした」と明らかにした。

黔丹新都市にできる企業都市のモデルは2003年にドバイに造成された「フューチャーシティ」。投資会社と都市の名前が同じだ。ここには米マイクロソフト(MS)、IBM、日本キヤノンなどICT関連企業3000社ほどが入った。ドバイはインドにも似た企業都市を建設した。一種の「ミニドバイ」だ。

ドバイが黔丹に投資する理由は3つある。仁川空港が近く世界につながる交通が便利で、韓国の進んだ情報技術(IT)を活用でき、巨大市場の中国が目の前にあるという点だ。

ドバイは昨年、京畿道坡州(パジュ)市とフューチャーシティに似た「スマートシティ」を造成する案を議論したが、白紙になった。これに関し、仁川市側は「当時は初期段階で意見が食い違い、MOUを作成しなかったが、今は仁川市とドバイが事実上、MOU署名だけ残した状態」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年03月04日 15:38
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスン会長 卵投げつけられる
W杯ガーナファンが韓国ファンを嘲弄
エアプサン 釜山―札幌線の運航再開
ソウル地下鉄の労使交渉が妥結
仮面劇タルチュム ユネスコ遺産に
世界4大ミスコン 韓国人が初優勝
SMエンタ 元日無料オンライン公演
10月の訪韓外国人 47.6万人
釜山と大阪結ぶ旅客船 釜山港入港へ
草間弥生の緑の『かぼちゃ』落札
週間アクセスランキング
「BTSトラベルブック」が出版へ
22.11.25
「赤い悪魔」数万人で賑わった光化門
22.11.25
イカゲーム俳優政府広報放映中止に
22.11.25
KPOP公演企画事務所が海外で逮捕
22.11.25
ヒョンビン&ソン・イェジン男児出産
22.11.28
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]