韓国旅行「コネスト」 40歳の李承ヨプ、「爺さん」と呼ばれても幸せ。韓国のスポーツニュース
KONEST

40歳の李承ヨプ、「爺さん」と呼ばれても幸せ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2002年2月、米アリゾナのプロ野球サムスンスプリングキャンプ。パク・フンシク打撃コーチ(53)は当時のニューフェースの左打者を見て語った。「こいつ、李承ヨプの新人の時よりいいね」。

サムスンの4番打者に成長した崔炯宇(チェ・ヒョンウ、32)だった。2015年2月、サムスンの沖縄キャンプ。2002年の崔炯宇が「第2の李承ヨプ」だったなら、今年は「第3の李承ヨプ」がいる。長身(189センチ)で滑らかなスイングをする左打者を見ながらコーチは口をそろえた。

「あの子は李承ヨプの20歳の時のようだ」。有望株ク・チャウク(22)を見て述べた言葉だ。数え年で40歳になった李承ヨプは今年も後輩たちと一緒に野球をする。李承ヨプはもう崔炯宇を支えなければならず、ク・チャウクと指名打者を争うことになるかもしれない。1995年の入団後、21回目のスプリングキャンプ。李承ヨプは余裕を見せる間もなく汗を流している。熱い太陽の下の顔が真っ黒に日焼けした李承ヨプに22日、沖縄の赤間球場で会った。

「きついが、本当に幸せだ」と李承ヨプは語った。李承ヨプは「若い選手が後ろから私を『爺さん』と呼ぶかもしれない。それでも後輩たちと一緒にするのがいい」と言って笑った。一方ではク・チャウクのような選手がうらやましいとも語った。楽しくておもしろい野球人生が今始まるところで、ファンから愛される機会がたくさん残っているからだという。

--若い時から優秀な選手で、負担になるほど人気があったが、なぜ後輩をうらやましいと思うのか。

「もちろん、うらやましい。野球がどれほどよいものか。私は今でもヒットを出なかった日は悔しくて眠れない。よく打った日は興奮が冷めやらない。以前はうまくやらなければいけないという圧迫感が大きく、ファンやメディアの関心が集中して大変な時もあったが、それはみんな幸せなことだ。本当に感謝の日々だった」

--そういえば「第2の李承ヨプ」はいても「第2の国民打者」はいない。

「以前は『国民打者』と呼ばれるのが本当に負担だった。自分より野球がうまい先輩が多いのに『国民打者』なんて。後にそれがどれほど光栄なことか分かった。しかし『国民打者』という言葉は誰が作ったのだろうか。よく分からない。誰か分かれば必ず一度ご馳走したい」

過去15年間、李承ヨプに何度もインタビューをしたが、成就欲が強い李承ヨプの言葉の中には生存・上昇・挑戦・苦痛が入っていた。あまり自分を表さなかっただけで、李承ヨプは常に緊張し、神経質になっていた。前だけを見て突っ走ってきた李承ヨプが40歳になると、周囲に目を向け始めた。2008年に李承ヨプは読売に所属したが、けがと不振で2軍に落ちた。今は11歳になっている長男のウンヒョクが「パパは読売の選手なのになぜテレビに出ないのか」と尋ねた。野球の不振より、息子に誇らしい父になれないのがつらかったという。当時、李承ヨプは「私はストレスの塊り」と告白した。

--ではストレスを受けない方法は野球をうまくすることだけだ。

「だからもっと頑張って準備し、努力した。韓国に戻った2012年はよかった。翌年の2013年は本当に苦しかった。息子に見せるものもなく終わるのかと思った。それでフォームを変えた。下半身の動きを減らし、バットを寝かせた。力を少し抜いて、まずはボールを正確に捕らえようということだった。それが成功して昨年の成績(本塁打32本、打率3割0分8厘)がよかった。正直、(54本塁打の)1999年や(アジア最多56本塁打の)2003年より2014年の方が気分がよかった。今でも昨年のことを考えながら一人でほくそ笑んでいる。フフフ」

--李承ヨプのようにフォームがよく変わる打者も珍しい。

「投手ごとにスタイルが違い、球種が多様だ。ゴルフのように一貫したスイングでは上下左右に食い込んでくるボールを打つことができない。年齢と状況に合わせて、時代の流れによってスイングが変わらなければいけない。(一本足打法をせずバットを寝かせた)現在の姿勢がおそらく私の最後の打撃フォームになるだろう。練習する時も絶対に強くは打たない。コンパクトなスイングで正確に打とうと努力する」

20代の李承ヨプは親のために誇らしい息子になろうとした。30代は2人の息子の立派なパパになろうと必死だった。家族の誇りになりたいという気持ちで出発した意志と努力が、彼を韓国最高のホームラン打者に、読売の4番打者に、39歳で32本塁打の打者にした。李承ヨプは「それが生きる楽しみで、幸せではないだろうか」と語った。

今季が終われば李承ヨプは自由契約選手(FA)となる。それとは関係なく、李承ヨプは再来年の引退を計画している。野球のおかげで頼もしい息子、立派なパパになったため、最後にはファンから受けた愛情を返す方法を考えているという。いかにも「国民打者」らしい引退の準備だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年02月24日 16:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]