韓国旅行「コネスト」 OECD加盟国中、飲酒量が最も多い国は?。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

OECD加盟国中、飲酒量が最も多い国は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
◇韓国人の飲酒量は‘正常’、肝硬変発病率は‘危険’

韓国人の飲酒量は心配するほどではなかったのに対し、肝硬変など飲酒に伴う疾患発病率は相対的に高いことが明らかになった。

「OECD(経済協力開発機構)健康白書2007」によると、05年の韓国の酒類消費量は成人1人当たり8.1リットル(アルコール100%基準)で、OECD平均消費量9.5リットルより少なかった。00年(8.9リットル)に比べてむしろ減少した。

酒類消費量は日本(7.7リットル)よりも多いが、イタリアやポーランドと同じ水準で、米国(8.4リットル)に比べると少なかった。

しかし、アルコール消費量(90年)と肝硬変(04年)による死亡率を比較すると、90年のアルコール消費量はOECDの平均より少なかったが、肝硬変による死亡率は人口10万人当たり18人と、スロバキア(人口10万人当たり25人)の次に多かった。

OECD加盟国中、飲酒量が最も多い国はルクセンブルグ(15.5リットル)だった。しかし、ルクセンブルグの場合、外国観光客など非居住者による酒類購買が多いため消費量が増加した、と分析された。

ルクセンブルグを除くと、アイルランド(13.5リットル)が酒類消費量が最も多かった。次いで、ハンガリー・フランス・チェコ・スペイン・ポルトガル・デンマーク・英国・オーストリア・ベルギー・スイス・フィンランド・ドイツ・豪州・オランダ・ニュージーランド・スロバキア・ギリシャの順となった。

飲酒量が最も少ない国はトルコ(1.3リットル)で、メキシコ・ノルウェー・スウェーデン・アイスランド・日本・カナダが後に続いた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年03月20日 16:08
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]