韓国旅行「コネスト」 前副社長 起訴内容の大部分否認=ナッツ事件初公判 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

前副社長 起訴内容の大部分否認=ナッツ事件初公判

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】離陸直前の大韓航空機を引き返させて機内サービス責任者を降ろしたとして、航空保安法違反など五つの罪で起訴された同社前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告(40)に対する初公判が19日、ソウル西部地裁で開かれ、趙被告の弁護側は「機内状況と関連した検察の公訴事実に、記憶と異なったり、実際より誇張されたりした部分がある」と主張した。

 弁護人は「被告人は航空機に搭乗した乗客や事務長、乗務員、機長などに被害を与えたことについて痛烈に反省している」とした上で、サービス責任者の事務長は、余裕がない状況で正確ではない記憶について証言したり、意図的に誇張された陳述をしたほか、本人に不利な部分を除いて発言したりしていると主張した。

 また、機内で女性乗務員に暴行を加えたことについては認めるが、事務長の手の甲をバインダーで叩いたことは否認し、「航空保安法上の航空機安全運航阻害暴行罪にあたる行為とみるのは難しい」との見解を示した。

 航空保安法上の航空機航路変更および偽計による公務執行妨害罪についても「法理的に成立しない」として、起訴内容を否認した。

 また今回の事件に関し、国土交通部が調査に着手した際、趙被告が大韓航空の役員や社員に虚偽の証言を指示していたことについては、「虚偽の陳述を強要したことはない」と主張。また同社の客室乗務本部の常務と「法的な意味」における共謀と言えるほどの行為をしたことはないと否認した。

 さらに「公訴事実に記載された行為(偽りの陳述の強要など)をしたとしても、偽計による公務執行妨害罪を厳格に解釈した大法院(最高裁)の判例を見た時、法的にも罪が成立しない」と主張した。

 機内で騒動を起こしたことは認めるとしながらも、法的処罰を受けるほどの行為はなかったとし、起訴内容の大部分を否認したと言える。

 趙被告は終始頭を下げたままで、言いたいことがあれば発言してもかまわないと促されても、「ありません」と答えた以外は何も発言しなかった。

 趙被告は昨年12月5日、ニューヨークの空港から離陸直前だった同機機内で、客室乗務員のナッツの出し方が間違っていると激怒し、旅客機を引き返させた。検察は、趙被告を航空保安法上の航空機航路変更、航空機安全運航阻害暴行と刑法上の強要、業務妨害、偽計による公務執行妨害の五つの罪で起訴した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2015年01月19日 20:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]