韓国旅行「コネスト」 カメラ窃盗容疑の日本水泳選手、初公判で無罪主張。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

カメラ窃盗容疑の日本水泳選手、初公判で無罪主張

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国人記者のカメラを盗んだ容疑で略式起訴された日本水泳選手の冨田尚弥(25)被告の初公判が12日、仁川(インチョン)地裁で開かれた。冨田被告は同日、「誰かがカバンにカメラを入れた」として無罪を主張した。

同日午後、仁川地裁刑事13単独のキム・ヒョジン判事の審理で開かれた初公判で、冨田被告は「カメラを盗んだ事実はない」として5種類の理由を挙げた。冨田被告は「カメラに対する興味も知識もなく、本体とレンズを分離する方法も知らない。日本代表選手としてアジア競技大会に出場し、窃盗のような愚かな行動をする理由がない」と述べ、強く無罪を主張した。冨田被告の弁護人も「カメラを盗んだのではなく、誰かが(冨田選手の)カバンに入れたものだ」と付け加えた。

黒いスーツ姿で出廷した冨田被告は両手を前に組んだ姿勢で裁判に臨んだ。同日、法廷には冨田被告の家族や国内外16社の報道機関取材陣など60人余りが傍聴席を埋めた。日本現地の法律代理人である弁護士3~4人も参観した。

冨田被告は昨年9月25日、仁川文鶴の朴泰桓(パク・テファン)プールで同僚の競技を応援しに行き、韓国報道機関カメラマンのカメラを盗んだ容疑で略式起訴され、罰金100万ウォン(約11万円)を支払って日本に出国した。冨田被告は韓国では容疑を認めていたが、日本に戻った後は無罪を主張して韓国の裁判所に対して正式裁判を申し立てていた。次の裁判は来月2日午後2時20分に仁川地裁322号で開かれる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年01月13日 08:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者681人
マスク着用指針の緩和「予断は禁物」
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]