韓国旅行「コネスト」 進歩党代表「民主主義は崩壊」 憲法裁の解散決定に反発。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
K-POP歌番組観覧ツアー3月予約絶賛受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 進歩党代表「民主主義は崩壊」 憲法裁の解散決定に反発

進歩党代表「民主主義は崩壊」 憲法裁の解散決定に反発

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府が請求した左派少数野党・統合進歩党の政党解散審判で、憲法裁判所が19日に解散を決定したことを受け、同党の李正姫(イ・ジョンヒ)代表は「民主主義が崩れた」と述べ、反発した。

 李氏は「発言の自由、集会の自由を根こそぎ否定される暗黒の時間が再び始まっている。朴槿恵(パク・クネ)政権が大韓民国を独裁国家に後退させた」と主張した。

 また、「民主主義を守るべき私の最後の義務を果たすことができなかった」として国民に謝罪した。

 李氏は「現政権が進歩党を解散させたが、われわれが心の中で育んできた進歩政治は最後まで解散させることはできない」と強調し、進歩政治を放棄しない姿勢を示した。

 韓国憲政史上、憲法裁の決定で政党が解散されるのは初めて。9人の裁判官のうち8人が解散に賛成した。憲法裁は同党所属の国会議員5人の議員職も剥奪した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2014年12月19日 15:36
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 大統領専用機にミサイル防衛システムを構築=韓国
  • 「憲法9条にノーベル平和賞を」 韓国でも署名運動
  • 韓国もキューバとの修交推進
  • 朴大統領、「主要新興国とのFTA推進、戦略的に検討」
  • 朴大統領、カンボジアのフン・セン首相と会談
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    サムスン、テレビ用FBアプリ搭載
    韓国特検、大統領の条件付き起訴中止
    朴大統領、弾劾に書面で反論へ
    韓国産ビールより輸入ビールが人気
    2PM Jun.K、舞台から転落
    サムスン、新製品を来月29日に公開
    TWICEサナ、過去のツイート話題
    SJキュヒョン滞在中のホテルで火災
    韓国、飛行機に乗って多島海一周
    イ・ビョンホン最新作、興行成績は
    週間アクセスランキング
    俳優の同い年カップル5月非公開...
    17.02.23
    Red Velvetの衣装が話題
    17.02.21
    引退したソン・ヨンジェ芸能界進...
    17.02.22
    ソン・ジェリム、誕生日会を日本...
    17.02.21
    ソン・ヘギョ、バーバリーショー...
    17.02.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]