韓国旅行「コネスト」 映画『江南1970』のイ・ミンホ、「足の爪はがれ麻酔注射打って撮影」。韓国の芸能ニュース
KONEST

映画『江南1970』のイ・ミンホ、「足の爪はがれ麻酔注射打って撮影」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優イ・ミンホが負傷闘魂を見せつけた。

12日午前、ソウル江南区(カンナムグ)の狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた映画『江南(カンナム)1970』のマスコミ試写会で公開されたハイライト映像では、映画撮影中に足の爪がはがれて麻酔注射を打ちながらも撮影に臨んだイ・ミンホの姿が入っていた。これについてユ・ハ監督は「イ・ミンホ氏はおおげさなところが多い。アクションを演じてケガをしたのではなく、ご飯を食べに行ってケガをした」などと話して笑いを誘った。引き続き監督は「冗談だ。イ・ミンホ氏のような場合はアクションの習得能力がとても早い」として「イ・ミンホ氏がドラマ『相続者~王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ』を撮影する前に会ったが、(私たちの映画でアクション演技をするには)海兵隊に行ってこなければならないと話した。ところが『相続者』が人気を呼んで、海兵隊ではなく中国に行ってしまった」と重ねて笑いを引き出していた。

これに対しイ・ミンホは「大きなアクションをしてケガをしたのではなく、後ろに転がるようなことをして負傷した。足の爪がはがれた日は撮影できず、その次の日から再開した」と話した。これを聞いたキム・レウォンは「ミンホ氏の足の爪がずっと治らなかった。それで痛くなると病院に行って注射を打ってもらって再び撮影し、また痛くなれば再び注射を打ちながら演じていた。本当に苦労していた」と伝えた。

『江南1970』は1970年代のソウル、開発が始まった江南の土地をめぐる2人の男の欲望と義理、背信を描いた作品だ。『マルジュク青春通り』『卑劣な街』を撮ったユ・ハ監督の“街3部作”の完結編だ。イ・ミンホとキム・レウォンが主役を演じた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年12月12日 17:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]