韓国旅行「コネスト」 B.A.P所属事務所「奴隷契約なかった」…メンバーの主張と違いすぎ?。韓国の芸能ニュース
KONEST

B.A.P所属事務所「奴隷契約なかった」…メンバーの主張と違いすぎ?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
グループB.A.P(ビーエイピー)のメンバー6人全員が所属事務所を相手に「専属契約無効確認」訴訟を起こしたことが伝えられたが、これに関してB.A.P所属事務所が27日に反論の立場を明らかにした。

TSエンターテインメントは「これまで当社は所属アーティストであるB.A.Pのさまざまな活動を支援し、共同の目標を達成するためにまい進してきた」とし「B.A.Pは10月28日に公式チャネルを通じて明らかにしたように、相互間の配慮と信頼の中ですべての公式スケジュールを最小化して休息を取っていた」と伝えた。

TSエンターテインメントは続いて「最近、アーティストの同意で今後の活動計画を調整しているところ、突然起こされた訴訟に記事を通じて接することになった」とし「具体的な事実は確認中。ただ、一部の報道を通じて伝えられた訴訟の論点『不公正契約条項』や『奴隷契約』の要素は一切存在しておらず、アーティストへの一方的な不当処遇も全くなかった」と明らかにした。また「当社は該当訴訟の件と現在の状況に対して確認を迅速に終えて公式に対処していく予定」と発表した。

これに先立ちB.A.Pメンバーは「2011年3月から所属事務所と専属契約を締結したが、この契約が所属事務所にだけ有利でメンバーには不利な条項で形成されている」とし「契約期間が7年以上。一般的な慣例に比べて非常に長い」としていた。また「芸能活動によって発生する収益配分が所属事務所に有利で契約の解除・解約または損害賠償や違約の罰則規定も非常に不利」と主張した。続いて「2012年1月に正式デビューして現在まで合計11枚のアルバムを発売した」と明らかにした。しかし「デビュー後の収益金は1人当り1800万ウォンに過ぎない」と主張した。

最近、韓国芸能界で専属契約をめぐる紛争が続く中、人気グループのB.A.Pの訴訟で再び波紋が広がり、大衆文化界への関心が集まっている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年11月28日 10:52

コネスト関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
RAIN、公式YouTube開設へ
コロナ拡大で全国514校が登校中止
BTSのジョングク、ソロ曲を公開
映画「侵入者」が公開日に観客数1位
文大統領、土地・住宅購入
韓国のコロナ新規感染者39人
夏向きの飛沫防止用マスク 今日から
AB6IXヨンミンが活動中止
サムスントップの逮捕状を請求
北朝鮮の小中高生が登校開始
週間アクセスランキング
韓国航空業界に国際線再開の動き
20.05.30
パク・ボゴム、海軍軍楽兵に志願
20.06.02
韓国、売れなかった免税品国内販...
20.06.01
薄い飛沫防止用マスクの供給開始
20.06.01
夏向きの飛沫防止用マスク 今日...
20.06.05
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]