韓国旅行「コネスト」 韓国ロッテ、中国瀋陽に「ロッテワールド」建設へ。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国ロッテ、中国瀋陽に「ロッテワールド」建設へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
最近グローバル経営に拍車を加えているロッテグループがVRICI5カ国(ベトナム・ロシア・インド・中国・インドネシア)を海外成長の拠点とし、事業力を集中している。特に中国の場合、1994年にロッテ製菓が第一歩を踏み出したのに続き、流通・化学・観光などいくつかの事業部門に活発に進出してきた。ロッテはグループの核心事業部門で中国市場に注力するほか、大規模な複合団地事業を推進し、現地でロッテのブランドイメージを強化する方針だ。

現在、中国にはロッテの10系列会社が進出し、約3万人の役職員が勤務している。ロッテは、中国の成長の可能性が今後さらに高まるとみて、2012年に中国ヘッドクオーターを設立するなど、中国内の事業をより効率的に管理するために努力している、と明らかにした。

ロッテは国内外で推進中の超大型複合団地プロジェクトをグループの新しい成長動力として注目している。ロッテがこれまで蓄積してきた食品・流通・建設・観光力量を統合し、シナジー効果を出せる分野と判断しているからだ。

代表的な例がロッテ系列会社7社が参加する大規模な中国プロジェクト「ロッテワールド瀋陽」。瀋陽は面積が1万2950平方キロメートルとソウルより約21倍広く、人口は820万人にのぼる、中国東北3省で最大の都市だ。「ロッテワールド瀋陽」は、ロッテの中国内の最初の複合プロジェクトで、投資総額はロッテの中国投資では最大規模の3兆ウォンに達する。

5月に「ロッテワールド瀋陽」の第1段階の店舗としてロッテ百貨店とヤングプラザが同時にオープンした。ロッテ百貨店とロッテシネマが今年オープンし、2015年にはロッテマート、2016年にはショッピングモールとテーマパークが造成される。2017年までにホテル・オフィス・マンションが建設されれば、中国版ロッテタウンが完成する。

ロッテ百貨店は2008年に北京店をオープンし、中国に初めて進出した。その後、2011年には「楽天商業管理(天津)有限公司」という法人を設立して天津店をオープンし、単独進出形態で中国事業を強化している。2012年に天津2号店の文化中心店を、2013年には威海店をオープンし、中国内で多店舗体制を構築した。昨年は成都環球中心店、今年5月には瀋陽店をオープンした。

ロッテマートも積極的に中国事業を進めている。2007年にオランダ系の大型マートチェーン「Makro」を買収し、中国に第一歩を踏み出した。徹底的な現地化戦略に基づき新規店舗の出店を続け、現在、中国内で102店舗と、海外全体148店舗のうち最も大きな比率を占めている。

ロッテホームショッピングは2010年に中国国内3位のホームショッピング企業「Lucky Pie」を買収し、運営している。ロッテスーパーは2012年に国内の業界では初めて中国に進出し、北京で14店舗を運営中だ。ロッテは中国内に、デパート・マート・スーパー・ホームショッピングまで、オン・オフラインを問わず流通チャネルを確保している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年11月27日 17:39
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]