韓国旅行「コネスト」 主要物価上昇品目の料金引き下げ、行政安全部が勧告。韓国の経済ニュース
KONEST

主要物価上昇品目の料金引き下げ、行政安全部が勧告

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル7日聯合】行政安全部は、物価上昇が続き市民や零細・小商工業者の負担とっていると判断し、主要品目の原価上昇要因を検証した上で、事業者に料金引き下げを勧告することを骨子とした「地方物価安定強化案」を策定し、7日に全国の市・道に通達した。
 強化案によると、各級の地方自治体は、自治体、税務署、消費者団体で「地方物価常時合同点検班」を構成し、上半期中に92の主要物価上昇品目について集中的な取り締まりを行う。特に今月を集中点検期間に設定した。

 主要物価上昇品目は昨年末に比べ1.8%以上値上がりしたもので、ジャガイモ、ニラ、キュウリ、大豆、卵、小麦粉、新聞、行政手数料、韓方(漢方)診療費、ジャージャーめん、自動車教習所など。このうち個人サービス料金の場合、主要材料費の値上がりに伴う原価上昇要因を詳細に検証し、その結果に基づき、該当自治体ごとに管轄業者に料金引き下げを促す。

 また行政安全部は、中央政府の主要公共料金凍結方針に合わせ、上半期地方公共料金の引き上げも凍結することを決めた。このほか、庁内に地方物価安定対策状況室を設置し、地域別に物価動向を把握し、必要に応じて自治体合同点検にも参加する方針だ。

 行政安全部によると、1月と2月の消費者物価は前年同月比3.9%と3.6%値上がりするなど、昨年10月以来、3%台の上昇を維持している。地方物価は1月に2.7%、2月には4.4%上昇した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年03月07日 14:09
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]