韓国旅行「コネスト」 女優ク・ヘソン、脚本・演出・主演1人3役の映画『Daughter』を企画。韓国の芸能ニュース
KONEST

女優ク・ヘソン、脚本・演出・主演1人3役の映画『Daughter』を企画

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
女優ク・ヘソン(30)が映画製作会社を設立した。

ラジオパーソナリティーのコン・ヒョンジンは10月30日に放送されたSBS(ソウル放送)パワーFM『コン・ヒョンジンのシネタウン』で、「ク・ヘソン監督が映画製作会社『ク・ヘソン・フィルム』をつくったそうだが」と話し始めた。

ク・ヘソンは「間違いない。ク・ヘソン・フィルムでは前作『桃の木~シャム双子の悲しい物語~』を製作し、今回の映画『Daughter(ドーダー)』(原題)は企画だけした。ところで会社には私しかいない」と明らかにした。

コン・ヒョンジンが映画の題名である『Daughter』の意味を尋ねると、ク・ヘソンは「本来シナリオをやり取りする時に使っていたファイル名だった。娘の英語表現『daughter』の韓製英語と見てもらえればいいと思う。オートバイをオードバイ、トマトをドマドというような感じで。いつも真っ先に質問を受けるのが『ドーダーとはどういう意味か』というものだった。本来意図していたタイトルではない」と明らかにした。

一方、同作はク・ヘソンが演出と脚本、主演を1人3役でこなす彼女の長編演出3作目だ。同作は、中学生になった娘と強圧的な体罰と統制の中に娘を閉じ込めようとする母親の葛藤を扱った映画だ。

これに先立ち同作は、第19回釜山(プサン)国際映画祭の「韓国映画の今日-パノラマ」セクションに公式招待されていた。11月6日公開。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2014年10月30日 17:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
フィソンに薬物使用で執行猶予判決
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]